床に落として、スマホがだめになってしまった

スマホというよりはタブレットに近い7インチのfonepadですが、うっかり床に落として、だめにしてしまいました。電源ボタンを押しても電源が入らない。SSDを抜き差しすると、何故か電源が入りるのですが、いつもそんなことをするわけにもいかないので、買い換えを検討中です。
職場の部屋の中は、ドコモの電波が入りにくいようなので、今度はKDDI系のMVNOを試してみようと思います。

[PR]
# by show_isa | 2016-02-24 15:18 | small talk | Trackback | Comments(0)

ブログを再開

昨年春に新たな仕事に就いて、余裕がないままブログの書き込みを休止していました。その後、書き込みもだんたん億劫になって、気づいてみれば一年近くほったらかしのままに相成りました。
今回、また心機一転で、ブログを再開することにしました。あまり力まずに、自分の心覚えのつもりでテーマを特定せずに書いていきたいと思っています。

良いタイトルが思い浮かばないので仮題として、北宋の詩人、陸游の一節から取ってみました。徒然に文を書くという趣旨ですね。陸游については、いづれ書きたいと思っています。

[PR]
# by show_isa | 2016-02-18 19:45 | small talk | Trackback | Comments(0)

週末の日経平均19560円、過熱感はあるが2万まで上昇か

当面は様子見していますが、
いろいろあっても日経平均は上昇を続けており、このままなら2万円までは行きそうですね。米国株式売却後のドル通貨が現金ポジションで多少残っていますが、このままでは金利を生まないので、投資しようかと思っているのですが、ニューヨーク株式は米国金利上昇で旦調整があると言われており、また過熱感も言われているので、どうするか迷っているところです。

さて、「監査等委員会設置会社への移行」の話です。
私は今まで知らなかったのですが、ロイターの記事によれば、監査役の代わりに「監査等委員となる取締役」を選任すれば良いというのが監査等委員会設置会社で、最近増えてきているそうです。なお、監査等委員を設置する会社は監査役が廃止となる。
複数の社外取締役の選任をするか、選任できない事情を説明するかの選択を上場は求められることになりましたが、独立社外監査役を独立社外取締役にすれば条件をクリアでき、社外取締役を増やしたり、選任できない理由を説明する必要もないので都合が良い。結局は都合の良い抜け道をつくったという感じですね。株主にとっては、社外取締役を増やすことによる経営監視の機能が低下することになりかねないとも言われ、危惧されるところです。




人気ブログランキングへ
[PR]
# by show_isa | 2015-03-22 21:05 | market | Trackback | Comments(0)

今日18日から東証初の欧州株式連動型ETFが新規上場されました

以前にも書きましたが、スイスのUBSグループのETF10銘柄が東京証券取引所に上場されました。何といってもヨーロッパの株式を対象とするETFが東証に上場されるのは初めてで、ETFを通じて国際分散投資が行えるのが魅力です。今まで上場されなかったのが不思議で、待望の上場です。様子を見ながら購入したいと思っています。
3月のIPOはイードが抽選で外れたので全滅でした。Aimingはgumiの先例もあり、人気離散の可能性もありパスしました。4月のIPOはHameeが業績順調のようなので応募を考えています。
さて、最近は日経平均が上昇しており3月中に2万円に達することも十分考えられます。私の持ち株もトータルで含み利益が増えています。バブルの時と違い PER 等のデータの裏付けがあるものの、世界的な景気のリスクの点では懸念があります。日経平均が2万円超えたら、ポートフォリオを見直してみたいと思っています。




人気ブログランキングへ
[PR]
# by show_isa | 2015-03-18 20:14 | market | Trackback | Comments(0)

ユーロビジョンソングコンテスト2015の英国代表の曲はElectro Swingのジャンル

世界最大のパーティとも言われるユーロビジョンソングコンテストは60周年となるjublee(記念祭)をウィーンで開催しますが、その英国代表にElectro Velvetが選ばれました。男性が35才のAlex,女性は26才のBiancaのデュオグループです。曲のタイトルはI’m Still in Love with You で、古き良き時代のスウィングジャズと現代のエレクトロ・サウンドが融合したエレクトロ・スウィングのジャンルとのことで,聴いた感じは1930年代のスローなジャズ、昔懐かしいという感じの曲です。
さて、多くの国ではテレビ中継によるコンテストで代表を決めていますが、英国はBBCが独自選考しています。ここ数年、英国は得票数で最下位グループなので、あきらめムードもあるようにも思われます。英国の一般紙ガーディアンの批評ではstinker(臭い、非常に質の悪いもの)と酷評です。the worst UK Eurovision entry of all timejといいながら、フォローの積もりなのか、過去にも最悪のエントリがあったと実例をあげています。
はたして,どうなのかは上のリンクから、ユーチューブで聴いてご判断ください。
英国の過去のエントリの中で最悪かどうかは知りませんが、上位に入るのは難しいかもしれませんね。




人気ブログランキングへ
[PR]
# by show_isa | 2015-03-10 17:41 | culture | Trackback | Comments(0)