<< ユニクロ型デフレ 世界の女性100人...日本は... >>

インターネットのサイトにマーカーを引ける便利なツール

Wired Marker

インターネットのサイトを見ていて、アンダーラインか蛍光ペンを引いておきたいと思うことがあります。しかし,それは不可能なので,一旦WebページをPDF形式で保存し,PDFファイルに(AdobeReaderの機能で)マーカーでしるしをつけることもありますが,面倒です。 Web ページをブックマークで登録はできますが,特に長い文章だと,後で該当個所を探しだすのが大変だったりします。ところが,できないと思っていたWebページの重要箇所にマーカーを引くツールがありました。


Wired MarkerというFirefoxの拡張機能(プラグイン)です。使い方は簡単で,マニュアルを読めば更に高度な活用ができます。しかも,元のページが消去されても,Webページを保存しているので大丈夫だそうです。このツールは文部科学省のプロジェクトの一環として作成されたフリーウェアです。


Wired Markerのホームページによると次の機能があります。


◎消えないマーカー...Wired-Markerでマーカーを引くと、ページを再度開いた時にもマーカーは残ったまま消えません。...マー カーの色や形はお好みで無限に作れますので、色や形で情報を分類することができます。


◎電子栞...重要な文書でも必要なのはほんの1フレーいうことはよくあります。マーカーを引くと、Webページのアドレス(URL)に加え、 マーカーのWebページ内での位置情報(XPath)も記録され、長いページでも後からマークした個所を直接参照できます。


◎スクラップブック...マーカーを引いたりページの一部を画像として切り取る事で、マーカーフォルダの中にスクラップブックが出来,どのページ から引用したかの出典情報が明らかです。


◎文章の閲覧ツール...マーカーを引いた文章は自動で保存され,マーカーの文章を強調しつつ、文章をフォルダに保存できます。一覧上で文章を編 集できるので、集めた文章を要約するのも簡単です。


◎その他...イメージキャプチャ機能,オートキャッシュ(マーカーを引いたページが自動でキャッシュとして保存される),エクスポート機能(エ クスポートして保存・共有できる),検索機能(マーカーを引いた文章を全文検索したり、日付で検索できる)


試したところ,とても便利で使いやすいので,お勧めツールです。


[PR]
by show_isa | 2012-08-28 22:01 | computer/Internet | Comments(0)
<< ユニクロ型デフレ 世界の女性100人...日本は... >>