<< ETF・ETNの売買では理論価... スイス中銀の約束破りと日銀の信... >>

日本は世界で一番格差が小さいってホント?

ヨーロッパ株式が値上がりしているのは、ECBの量的緩和(QE)を期待してだと見られていますが、既に株価に相当織り込み済みならQE発表後はそれほど上昇しないだろう、逆にその規模が期待程でなければ下落してしまうかもしれませんね。さて、ニュースからです。

◎ダボス会議(World Economic Forum)では
気候変動
地勢学的不安定(地域紛争等)
(エボラ熱等)感染病の流行
テクノロジー
QE(量的緩和)
経済格差(Income inequalitys)
石油
がテーマになると報道されています。(ガーディアン Seven themes that will dominate Davos 2015より)
World Economic Forumでは、ocioeconomic inequalityが“social fragility”を促進すると見ており、記事ではOxfamのデータをグラフ化した下図が紹介されています。


これを見ると格差(横軸)と健康と社会的問題(縦軸)は相関関係にあり、日本は一番良好です。これは日本が移民を受け入れていない為でしょうか。

◎海外投資家からの安倍首相信任度が大きく低下
(ブルームバーグ Abenomics Losing Luster; Hopes for Revival Ebb, Poll Shows
1月14-15日実施アンケート結果によると、安倍首相の政策への肯定的評価は2013年9月の70%を最高に低下し、2015年1月には45%と初めて50%を割りました。黒田日銀総裁への肯定的評価も48%とこれも初めて50%を割っています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2015-01-20 22:42 | news | Comments(0)
<< ETF・ETNの売買では理論価... スイス中銀の約束破りと日銀の信... >>