<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

労働者の格差是正

3月末で一旦損益確定
ストックマーケットは4月2日から新年度に入るので全部ではないが,一旦損益を確定(株式売却)した。理屈は分かっているが,つい高値で買ってしまい,底値で売ってしまうことになりがちだ。そこで “Stocks are one of the few things people don’t buy on sale”と言われてしまうのだが。

今は,個別の株はやらない方針だ。個別企業はいつ不祥事が明らかになるか分からないし,企業への愛着があると,つい売却が手遅れになってしまう。高配当・株主優待であっても,株価が大幅下落すれば損失は取り戻せない。その点,TOPIXなどのインデックスETFならマーケット全体の動向だけ見れば良いし,愛着もないから客観的に売買できる。国内のETFなら日本高配当,マレーシアかロシアのインデックスETF,米国のETFならSPDR S&P アジアパシフィック新興国株式(GMF),バンガード・MSCI・ヨーロッパ(VGK)を候補に考えている。

 

正規労働者と不正規労働者の格差是正 Austerity: the pain in Spain

スペインでは経営者が労働条件を変更しやすくする法律が実施されてから2カ月足らずだが,アンダルシア地方だけで労働者の解雇が8倍になったことについて,英国の新聞「ガーディアン」の社説から一部を紹介します。   

「スペインの労働マーケットは,労働組合に守られた特権労働者(特に公務員)と不安定で保護のない不正規労働者の二つに分かれている。

多くの国でこの格差を是正すること,一方の特権を減らし一方の保護を増やすことを求められている。問題は特権労働者は多くを失いすぎ,不安定な立場の労働者は得るものが余りに少なすぎ,それによる利益は雇用者だけが享受することである。」

 まったく,その通りです。日本でも正社員の特権が問題だという主張するコメントを見かけるが,彼らの言う雇用の多様化は正社員の地位を不安定化するたけで,不正規労働者の格差是正にならず,ただ経営者が得するだけの偏った言説である。い。好んで不正規労働者になるのだ,承知の上で不正規労働者になっているだと彼らはいう。なるほど,役者になりたくて,不正規の方が都合良いという人たちもいる。しかし,そういう人たちは非正規の一部にしか過ぎないのは明らかだ。

特に外国人などは,彼らがいずれ働けなくなれば政府が生活保護などで面倒を見ることになる。企業は厚生年金や健康保険料の支払いを免れるていれば,企業はただのりしていることになる。結局税金が補助金としてこれらの企業に流れているのと同じことになるのだ。。


[PR]
by show_isa | 2012-03-31 20:24 | news | Comments(0)

ブログエディター

ブログの作成はどうやって?

自分は文章を書くのが遅いので,思ったことの数分の1も書けないのに,時間がなくなってしまう。 また,オフラインで書いたものをアップロードしていたが,それでもオンライン上でレイアウト(大文字にしたり,写真をつけたり等)するのにも時間がかかる。そこで,ブログエディターを探してみたのだが。ブラウザのプラグインなどあったが,外国製はエキサイトのブログに対応していない。Windows Live Writerもエキサイトのブログに対応していない(アップロードができない)が,コピー&ペーストすれば良いことに気づいた。他のよりは使い易そうなので,これにしてみた。ただ,スペースが空きすぎたりとWindows Live Writer上とエキサイトのブログとでレイアウトが違ってくるのは気になる。しかし,ブログの内容がローカルに保存できるのは便利だ。

「葬儀を終えて」アガサ・クリスティー 早川書房

1953年発表のポワロが登場する本格ミステリ。アパネシー家の主人リチャードが死亡し,その葬儀の後にエントウィッスル弁護士から遺書の内容~遺族に均等に配分~が遺族に発表される。その時,故人の妹コーラが兄は殺されたんでしょうと言い放った。その後,コーラは自宅で殺される。更にコーラの家政婦は毒を盛られ重症になる。そして故人の弟の妻のヘレンはてがかりを弁護士に電話で話そうとして殴られ気を失う。

この後のポワロの謎解きはネタばれになるので書けませんが,私は真犯人を当てることができませんでした。今でもクリスティは人気があると思いますが,子供のときに人気があった作家も時代が変わると,書店でも図書館でも作品を見かけなくなるものだ。例えばE.S.ガードナーのペリーメイスンは,昔はハヤカワのポケットミステリで結構出ていて人気があったのだが,今の読者はどのくらいいるだろうか。ところが最近,ロバート・ダウニー・Jrが主演で映画化が決定したというニュースを見た。


[PR]
by show_isa | 2012-03-30 15:02 | culture | Comments(0)

王妃に別れをつげて( シャンタル・トマ作)

プロムのドレス
プロム(米国の高校卒業記念ダンスパーティ)は女子にとって特別なイベントのようである。 実際に見聞したこともないので,分からないが。 しかし,セレブのまねをしてセクシーすぎるドレス,No low armholes, cleavage(胸の谷間) or plunging dress backs(背中が下まで空きすぎる)は禁止という高校が多いとのこと。


詳しくはMarketWatchのビデオ.High Schools Crack Down on Revealing Prom Dressesp>

ウォールストリートジャーナル日本版にはプロムのドレスのスライドショーがあります。スライドショー】高校の卒業記念ダンスパーティー向け新ドレスコード



「王妃に別れをつげて」 シャンタル・トマ著(白水社)
を読みました。2002年のフェミナ賞受賞作品だが,そんなに面白いとまでは思わなかった。王妃マリーアントワネットの朗読訳補佐アガートがウィーンでフランス革命の当時を回想して書いたというフィクションである。ただし,朗読訳補佐という役職は実在しており,かなり史実に基づいて書いた小説とのことである。朗読訳補佐はほんの些細な職務で,王妃が直接指示をいうのではなく,お付きの人を通じて指示を受ける立場で,かつ王妃は読書に興味がなかったから,王妃とは疎遠な存在であったといって良い。


前回触れた「弁内侍日記」の様に,これも女房日記(架空であるが)の一つと言えよう。失われた繊細で優雅な宮中の世界が描かれている。フランス革命はベルサイユ宮殿の住人には理解不能なまま,あっと言う間に進行して王政が崩壊していく。それが,理屈ではなく感覚的に感ずるように書かれている。王妃は夢の世界に生きていた。
「王妃の舞踏会」の重要性,その言葉の持つ魔法,主人公は舞踏会に出入りできる身分ではなかったが,その興奮の中で贅沢さを味わっていた。といっても,「それは取るに足らないことであると同時に,莫大だった....」

[PR]
by show_isa | 2012-03-29 16:21 | culture | Comments(0)

弁内侍日記

インターネットの接続が途切れる
  住んでいるマンションは光ケーブルがだめなので,ADSLでインターネット接続している。NTT収容局から遠いのでの速度はベストでも3Mbps程度だろうが,通常は不便はないので構わない。困るのは異常に速度が遅くなり,接続が途切れることが時々あることだ。電話の受話器をあげると,かなり雑音が聞こえる。NTTに確認した時は,回線には異常がないと言われた。雑音源は不明だが,どこかでノイズが電話回線に入ってしまうようだ。デイトレーダーをしているわけではないが,やはり困ってしまう。

ワシントンの桜祭り

 ワシントンでは大事な観光資源であり,特に今年100周年を迎えて大きな話題になり,記念切手も出るそうだ。投資情報専門のサイトMarketWatch(ウォールストリートジャーナルの親会社ダウジョーンズの経営)でも,写真の特集(11枚)を掲載している。



弁内侍日記(べんのないしにっき)

 藤原信実(有名な歌人で定家の兄の子。今物語を書いた)の娘が鎌倉時代に後深草天皇に宮仕えしたときの日記。後深草帝は4才で即位した幼帝のためもあり,宮中での恋愛などは書かれていない。儀式や行事,事件と折々の歌が記載されている。実権がないので貴族もあまり寄りつかず,律令制の組織は形骸化してきており,女房中心に宮廷は回っていたようだ(宮中で火事があったとき,天皇を連れ出したのも剣や璽を持ち出したは女官であった)。 

これは宦官のいない日本独特のものかと思っていたが,そう単純ではないようだ。

 中世に生きる女たち(岩波新書)によれば,女房が奉書(天皇の命令文書)や取り次ぎをするのは律令制以前にもっていた女官の職務権限に由来している。中国の唐でも女官がこの権限を持っていたが,則天武后以後,だんだん宦官に奪われていった。日本でもく薬子の変後,蔵人に奪われていった。しかし,律令制の公的な役所が衰えていくと,天皇家の家政を司る,大納言典侍局(だいなごんすけのつぼね)や勾当内侍が公的な位置を占めるようになったということである。

 


[PR]
by show_isa | 2012-03-27 22:48 | culture | Comments(0)

沖縄密約

沖縄密約~情報犯罪と日米同盟~ 西山太吉著 岩波新書

 お気軽なドラマが多い中で,政治的テーマを扱った唯一とも言えるTBSのドラマ「運命の人」の最終回の視聴率は14.1%と10%を上回ったそうだ。
 本書では国会や国民に明らかにされなかった密約は違法な情報犯罪であり,また追求された400万ドルは氷山の一角だったことがアメリカの情報公開等で明らかになっている。本書では,摑み金の6億8500万ドルが当時米側に約束されたが,これが実績となって,後に米側の要求で思いやり予算として「いまや在日米軍の駐留経費の75%以上は日本側が負担し,米軍が負担するのは自らの装備と給与ぐらい」と制度化されてしまい,大変な禍根となったと言及されている。
今課題になっている海兵隊のグアム移転費用を日本に負担させるのは,「グアムに海兵隊を含めた三軍統
合の機能を整備拡充したい米側」にとって好都合なことなのである。

 さらに政府提案の秘密保全法案は、国民の「知る権利」と相反する恐れが極めて強い。
会社ではコンプライアンス違反を内部告発できることになっているのに,公務員は政府の法律違反を内部
告発したら罰せられるのでは,情報の国家統制である。実際,アメリカの情報公開等で当時の密約の存在は明らかなのに外務省は詭弁を弄して認めようとしなかった国だからこそ,情報公開が必須である。
[PR]
by show_isa | 2012-03-25 16:19 | news | Comments(0)

Dlifeの経済ニュースを見て

 Dlifeでは平日午前4時にBloomberg West,午前5時にBloomberg Rewindブルームバーグが放映されている。念のために解説しておくと,ブルームバーグは経済専門のニュース通信社で,その専用端末はQuickと並んで証券会社や機関投資家に使われていたものだ。そして,経済専門テレビ局としてCSで放映されていたが,リーマンショック後に日本からは撤退してしまった。
 
 さて,ブルームバーグウェストはサンフランシスコからハイテク関連の話題,リワインドはニューヨークマーケットの話題を流していた。しかし,この時間帯では何人が視聴しているのだろう。私はビデオに録画したものを昼間に見たが,21日の放映ではどちらもアップルの配当復活が話題の中心であった。

 それから,ディズニーのSF映画「ジョンカーター」が史上最大の2億ドルの損失を出したとのニュースもあった。Dlifeでこの映画の宣伝を前日見たばかりだったのだが。
時間帯については録画して見れば良いだけだが,マーケットニュースが1日遅れなのはやはり痛い。吹き替
えを付ける手間がかかるとはいえ,20日朝(現地の米国では同日夜)のニュースを1日遅れで21日早朝に流しているのだから。一日送れのマーケット情報を見ることになる。
[PR]
by show_isa | 2012-03-21 21:20 | market | Comments(0)

株価はこのまま上昇するか?

BSでDlifeが3月17日に開局
海外ドラマファンは早速視聴した方も多かったのではないか。
ただ,韓国ブームの今,アメリカのテレビドラマファンがどれだけいるのかは気がかりだ。
他の人がリモコンでチャネルを選択できないと書いてたが,チャネル番号を「258」と一々入力するのは面倒だし,番組表もスクロールしないと見られないのは不便だ。。
 私は空きキチャネルの内,10チャネルにDlife,2チャネルにFOXを割り当て,見ないチャネルの番組表は非表示にしています。


日経平均が1万円超え
昨年12月始め頃は日経平均が8000円割れしたら購入しようと思ったが,その後2月には9000円を超えて10100円に到達してしまい,押し目買いの機会を逸してしまった。まあ,ここまで予想した人はほとんどいなかったかと思いますが。私も初めの頃は懐疑的で,反落するのではないかと思っていましたが,さすがに10000円台になったのを見て,潮目が変わったように思います。乗り遅れたものの2月末に購入した日経平均連動型ETFは現在5%高なので,ちょっと反落すればマイナスとなる。そこは押し目買いで買い増しのチャンスと捕らえるべきだろうか。昨年8月に購入したNASDAQ100連動型ETFは33%の上昇となっている。
惜しいのはアップルの株を昨年60%高程度で利食い売りしてしまったことである。持続していれば2倍になっていたところだが,確実に利益を手にする方針だったので止むを得ません。
現在は個別株式ではETFの売買を考えています。会社情報は素人が個人で収集には限界があり,サプライズでの暴落が防ぎきれません。
今はマーケット全体の動向で動くETFを購入しており,次の投資先は,マレーシア株式のETFとヨーロッパ株式のETFの2つです。ロシアの株式も良いと思います。
e0262209_13455366.jpg

[PR]
by show_isa | 2012-03-19 23:45 | market | Comments(0)

Dlife BS開局

BSでDlifeが3月17日開局
無料BSということで役所は採算が取れないのではないかと反対していたため,開局が遅れたそうだ。
やたら規制したがる役所は困ったものだ。資本主義だからテレビ局が倒産してもいいのではないか。

ディズニーはアメリカで放送局(ABC)を傘下に持っている。日本では有料のディズニーチャンネルは子供向け,こちらは主に大人を対象の娯楽チャンネルという位置づけのように思われる。面白そうなテレビドラマを揃えているので,期待大である。


官僚の国会答弁は是か イギリスの新聞ガーディアンの社説
Civil servants and MPs: settling accounts
Better accountability is desirable, but civil service independence and trust between officials and ministers matter too

accountability は説明責任義務と訳されるが,国会での説明責任は閣僚にあり,公務員は上司である大臣に説明責任があるというのがイギリスのルールである(民主党はこれを日本で実施した)。
今回,英国の国会議会が公務員の答弁を求めたことで,このルールが問題になっている。
大臣が答弁できることも公務員が答弁するようになればofficials and ministersの区別がなくなる。
officials advise, but ministers decide という官僚の中立性が損なわれるということが危惧される。
もっとも,この社説ではどちらがよいのかは結論を下していない。
[PR]
by show_isa | 2012-03-17 19:29 | culture | Comments(0)

評判の良い「世界の大学」100

 さて,ブログのプロファイル画像は,Southpark のホームページ
http://www.southparkstudios.com/avatar/
のアバター作成機能で作ってみました。いろいろとパーツが選びます。
他にも似顔絵を作成してくれる
http://mywebface.mywebsearch.com/download/index.jhtml
などありますが,試用してみなかったので使い勝手は分かりません。

 パソコン画面の方も久しぶりに壁紙を替えてみました。
(この数年,ずっと壁紙カレンダーを使っていました。)
壁紙で検索したものを幾つかダウンロードしたが,画像小さすぎで画面全体表示にすると画像が粗すぎる。
携帯向けの壁紙の方が普通なのだろう。パソコン向けか携帯向けかはっきり分類を付けてくれるとよいの
だが。 ちなみにパソコンを頭に付けて検索しても,小さい携帯向けと思われる画像が大半だ。
なるほど,今は携帯向けの壁紙の方がパソコンより多いのか。

評判の良い「世界の大学」ランキング100
 評判の良い「世界の大学」ランキング100がロンドンタイムズで発表された。
http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/
日本は5大学がランクインし,東大は非英語圏トップの8位である。
ちなみにドイツは4大学がランクイン。
国内ではいろいろと言われるが国際的な評価は悪くない。
[PR]
by show_isa | 2012-03-15 22:27 | small talk | Comments(0)