<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アマゾンのe-Bookと消費税 Windows8にグレードアップ

マイクロソフトはWindows95以来の大規模な変更であるマイクロソフトのWindows8の販売を開始した。パソコンのOSは大半がWindowsだから影響は大きいだろう。私自身はLinuxに移行しているが、それでも、Windowsが必要なケースが未だにありWindowsXPとのデュアルブートにしていた。今回、グレートアップ料金も安いので,試しにWindows8にグレートアップしてみた。
LinuxとWindowsのマルチブートでのWindowsインストールでは、ブートローダーが上書きされてLinuxが起動しなくなるとも言われているが,私のパソコンではWindows8へのグレートアップ後もLinuxは通常どおり起動している。ブートローダーは大丈夫だったようた。なお、「なにも引き継がない」設定でグレートアップしたら、アプリケーションは全て消え(ProgramFileは空)、各種設定も消えたが,データはフォルダーごと残っていた(データはUSBに保存しているのでどちらでも問題はなかったが)。ついでに無料のOffice2013PreviewとMedia Center(今だけ無料優待)もインストールした。私のマシンはAtom搭載のネットブックなので解像度も低く、オフィスはやはり反応が遅いようだが、これはマシンのせいだから仕方ない。しかし、OS自体はネットブックでも問題なく動くので,ネット閲覧とメール程度,それに軽いソフトなら実用になるだろう。


さて、日本でも,アマゾンの電子書籍販売が始まった。他の電子書店と価格は横並びだが,消費税分だけアマゾンが安い書籍もあるそうだ。海外の会社が海外のサーバーから販売の場合は消費税が適用されないとの考えだそうだが,今後消費税率がもっと引き上げられたら,国内社は競争上かなり不利になってしまうのではないか。どうするのだろうか。


[PR]
by show_isa | 2012-10-31 17:11 | computer/Internet | Comments(0)

ハロウィンの過ごしかた & スターバックスの税金逃れ

前回書いた中国のテレビドラマ「美人心計」ですが,その次の回では毒を飲んで死んだはずの杜雲汐が,どうしてなのか説明もなく生きており,新しい名前「竇漪房」を与えられて代国にスパイとして派遣されたのでした。 なお,宮女がリストラされて他国に派遣されたのは事実で,歴史の本にもあります。


さて,ハロウィーンのシーズンなのでGuardianに幾つか記事があります。half-termとあるので,英国では学校が休みになるのでしょうね。 Ghosts and gory tales on five walks for Halloween and half-termの記事では幽霊の出る場所を紹介しており,ハロウィーンには幽霊を見に行くらしい? 幽霊によって出る場所は決まっているものだが,アン・ブーリンは英国内の様々な場所に出るそうで,その中で the Blickling Mausoleum walk, Norfolkが紹介されていた。

他のコラム記事によると,ハロウィーンは女性がセクシーな服を着る機会になっているそうだ。  Halloween has become an excuse for women to shed the clothing in favour of sexy costumes, most of which are either shop bought roleplay ensembles such as sexy nurse, sexy maid, sexy devil, sexy bunny…とのこと。 それでなのか?  non-sexual Halloween costumesとして次のビデオが紹介されていた。

コラムのタイトルはDressing up for Halloween: a feminist's guide


今日の本題は多国籍企業の税金逃れです。大企業が税金逃れ(節税)で税率の低い国に籍を置くのは良く知られていますが,アマゾンとスターバックスが取り上げられている。まず,Starbucksは英国で同業のCosta Cofeeと売上がそれぞれ4億ポンドと3.8億ポンドで同じくらいなのに,税金がスタバはゼロ,コスタは1500万ポンド払っていて,明らかにおかしい。スタバがコーヒーをオランダの子会社から輸入している,ロイヤルティを他国所在のグループ会社に支払っている等と説明されているが,同様にロイヤルティの支払いがあるマクドナルド等は税金を払っている。

また,Amazonは英国の出版社との電子ブックの価格交渉で,消費税率を英国の20%で計算しているが,実際はルクセンブルクで消費税率3%を納めているから,その差はアマゾンの利益になっている。これは,ユーロではVAT(消費税)を一つの国で払えば,他国では課税されないからだ。電子ブックはアマゾンの寡占状態で出版社は弱い立場だ。これでは英国内のライバル達はかなり不利な競争を強いられる訳だ。しかし,その後,EUはルクセンブルクに消費税率を3%から15%に引き上げて抜け穴を塞ぐ(close a VAT loophole)よう指示した。記事のタイトルはAmazon to be stripped of tax advantage on sale of ebooks...European commission tells Luxembourg to end VAT loophole, a decision that could close the gap with British ebook prices


[PR]
by show_isa | 2012-10-27 00:56 | news | Comments(0)

美女心計第6回 & グーグルは今がピークか?

BS11で朝3時30分から連日放送中の中国歴史ドラマ「美人心計」(~一人の妃と二人の皇帝~とは杜雲汐/竇漪房と前漢の恵帝(劉盈),文帝(劉恒))は6回目で主人公の雲汐が恵帝と密会したと母親の呂太后(呂雉)から死を賜り,毒を仰いで死んでしまう。

もっとも,主人公が死んだらドラマが終わってしまうので,次回では生き返るのでしょう? 呂太后は自分の姪を恵帝の皇后にし,外の宮女が近づかないようにしていたので,大層立腹したのが賜死の理由。歴史上実在した人物が出てくるが,かなりフィクションも混ざっているようだ。それはとにかく,主演の女優(ルビー・リン)は美人で聡明そうな感じで気に入っている。


ところで,マイクロソフトはピークを迎えてしまった(後は落ちるだけ)というのは,多くの人が思っている筈だが,グーグルもピークに来たのではないかという見方もある。パソコンでは検索をググると言われ,絶頂のグーグルも,スマートフォンではそうもいかない。例えばスマートフォンでレストランを探すときは appsを使う。Yelpの様な。そしてこれらのデータはcrawler(インターネットを回って情報収集するロボット)にひっかからないからグーグル検索できない。そうなってくるとグーグル検索のビジネスモデルが崩れてしまう。モバイルの時代にグーグルはどうなるのか?ということが次のガーディアンの記事に書かれていた。 マイクロソフトはダメだったが,グーグルはモバイルの波を乗りきれるのだろうか。
Google and Microsoft under threat from the march of the mobiles....People are turning to apps more and more for services, which has led to a serious decline in PC and search engine use


[PR]
by show_isa | 2012-10-23 20:49 | culture | Comments(0)

消費税も成長戦略の名目で流用される?

復興予算だけではない流用問題

 復興予算の流用が問題になっているが,社会保障のためと思われている消費税増税にも,その附則に「成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に重点配分する」とある。成長戦略とは官僚にとっては「何に使っても良い」の同義語だろう。何だって成長戦略の理屈を付けられるものね。東京新聞の記事によれば復興予算の河川整備費の7割が 被災地以外で,しかも岩手・福島はゼロ。それは,通常予算で滞りなく行われているからだとのこと。どうして他の府県は通常予算でできないのか,どさくさ紛れに流用されたのは明白だ。民主党は今や官僚に見下されて何も言えない状態だ。


オンライン・パスワード

は,大文字・小文字・数字・特殊文字を混ぜた(辞書にない)無意味な文字列,定期的に変更し,メモしない等が言われてきたが,それは現実には不可能だ。20も30もパスワードを記憶するfeat(妙技)は私もあなたも持っていないと,ガーディアンの記事 Online passwords:keep it complicatedにある。ランダムな文字列でも短いと,すぐ解読されてしまう。それに記憶のために,覚えやすい文字列にしてしまうことが多い。それより,幾つかの単語を結合した20文字の方が安全だ。 順列組み合わせ(premutation and combination)の数が多いと解読の時間がかかりすぎて解読不可能になるからだ。結論として,passwordwalletと呼ばれる暗号を保存するソフト(LastPass等)を使用する。そうすれば,パスワードは安全で,記憶する必要もない。ただ,そのソフトのパスワードだけは必要だ。その暗号は念のために紙に書いて安全な場所に保存する。
まったくそのとおりで,実現不可能なことが平気で言われているのは不思議だ。


[PR]
by show_isa | 2012-10-21 21:04 | news | Comments(0)

中国歴史ドラマ「美女心計」、 Japanese florals

中国のテレビドラマ「美女心計」がBS11で放映されているが,午前3時30分からなので,知らない人も多いかもしれない。漢王朝の後宮のドラマで,大枠は史実に基づいているとのこと。タイトルは美人のはかりごとという意味だろう。今週から平日に毎日放送で,全40話の第3話まで観た。女性の主人公が後宮に宮女に入り,幼い皇后(小学生にしか見えないが)や皇帝のの信任を得るが、波乱万丈のストーリーが展開されていくようで,なかなか面白そうだ。リアルタイムでは見られないから,録画して見ている。BSは韓流ドラマが大半だが,たまに中国のドラマも放送される。これから見始めても面白いと思います。詳しいストーリーはこのサイトなどを参照してください。


英国の日刊紙GuardianのファッションコラムにHow to dress: Japanese floralsのビデオが掲載された。Guardianのファッションエディターが日本のフローラルはハワイアンとは違うからと服を紹介している。確かにアロハとは全くセンス が違うよね。製品はイギリスのメーカーだが,日本の伝統的デザインだ。


[PR]
by show_isa | 2012-10-18 19:14 | culture | Comments(0)

二流小説家, アソシエイト (ミステリ書評)

「二流小説家」早川ポケットミステリ ディヴィット・ゴードン作 
原題はThe Serialist(連載作家)。久しぶりに斬新なアイディアのミステリで著者としても渾身のりきさくであろう。ミステリは始めてとのことだが,ストーリーの展開もうまく,新人とは思えない。素材を未消化のまま,てんこ盛りしたがる作者が多いのだが,この著者は多くの素材を上手に料理して展開している。
 ミステリはマジックショーのようなものだ。鮮やかなショーに目を奪われ,ネタを見落としてしまう。思いがけない展開でつじつまが合わない部分に気づかない。ミステリでの目くらましは,衒学的な話題,うんちくだったりする。うんちくに気を取られているうちにマジックのネタを見逃してしまうのだ。この作品では文学談義や恋愛,小説に挿入されたSF小説が,この陰惨な事件の雰囲気を和ませてもいる。
 主人公のさえない中年作家ハリー・ブロックはSF,ポルノ,バンパイアなどをペンネームを変えて書き,家庭教師もして何とか生活している。それが,若い女性の猟奇連続犯で,もうすぐ死刑になる囚人(ダリアン・グレイ)から伝記を書かないかと手紙がきた。世間で注目を浴びた事件なので,出版すれば儲けは確実だ。だが,条件がついていた。死刑囚に手紙を送ってくる若い女性ファンに会って,彼女達をモデルにしたポルノを書くこと,またインタビューの内容は生前に公表を禁じるというものだ。間もなく死刑になるだからと,死後に公表との条件を受け入れたのだが,そこには死刑囚の企みがあったのだ。おもしろいことは請け合いである。

「アソシエイト」上・下 ジョン・グリシャム著 新潮文庫
お馴染みの著者のリーガル・ミステリー。過去の作品同様,プロットが違っても巨大法律事務所の内幕話ということは同じ。イェールのロースクール卒業の優秀な学生が,正体不明のエージェントに,巨大法律事務所に就職し裁判の機密情報を持ち出すように脅迫される。学生時代に彼の部屋で女子学生を強姦したというビデオがあるというものだ。もっとも彼自身ではなく,自室で行われたバーティで彼の友人が酔いつぶれた女子学生を強姦したというものだ。彼自身は直接しなかったとは言え,ビデオが明るみにでれば彼の名誉もなくなってしまう。当時,女子学生の訴えで警察が調べたが,その女子学生は前の日に問題の男子学生と寝ていたし,他の多くの男子学生とも関係を持っていたので強姦とは判断されなかったのだ。
巨大法律事務所の激務の中で,事務所にばれずに正体不明のエージェントの裏をかくかというストーリー。正直な感想は,相変わらず芸達者だが,ちょっとマンネリ。ビデオをどうやって入手したのか最後まで明かされなかったのも不満だ。
さてタイトルのアソシエイトだが,法律事務所は株式会社ではなくパートナーシップで,共同経営者であるパートナー(巨大法律事務所は,その中で更にランクがあるが)と,雇われているだけのアソシエイト(若手弁護士)に分かれる。主人公はもちろんアソシエイトで,我慢していればいつかパートナーになれるかもというところだ。
[PR]
by show_isa | 2012-10-11 22:06 | culture | Comments(0)

最近のトピックから イギリスの少女誘拐事件

 

最近のイギリスの新聞では,Megan Stammersという15才の女の子が30歳の既婚教師と共に失踪した事件が大きく扱われていた。なぜ,そんなに大騒ぎという気もしたが。やがて,フランスのボルドーで二人で手をつないで歩いているのが目撃されたので,無理やりの誘拐ではないようだ。イギリスの法律では15才の同意は無効で未成年誘拐,性的虐待となるので,European arrest warrant(ユーロ諸国で有効な逮捕状)が出され,フランス警察が9月28日に教師を逮捕した。当初はフランス警察は積極的に動かなかったとも言われている。イギリスでは,教師と生徒の間の恋愛(あるいは性的虐待)が少なからずあるということだ。



 話は全然変わりますが,Marketwatchで “7 office gadgets headed for the graveyard
では不要になりそうなガジェットを7つ挙げていた。
1.Rolodex
2.Fax machine
3.Desktop phones
4.Tape recorders
5.USB thumb drives
6.Business Cards
7.office cubicle
1.は日本のオフィスでは馴染みがないが,住所録などのカードが回転する器械に取り付けてあって,くるくる回して捜すもの。まだ使われているの?という感じだ。5のUSBは日本で良く使われているが,クラウドなどネットでやりとりすれば良いということか。フロッピィがUSBになったり形態は変わってもダイレクトにデータ交換する器具がなくなることは考えにくいが。
アメリカでは狭くても個の空間を確保するため,キュービクルが使われているが,それが日本の大部屋のようなopen-plan workspace になるだろうとのことだ。


実現するのはいつだろうか。


[PR]
by show_isa | 2012-10-01 21:47 | news | Comments(0)