<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年の8つの大失敗製品

Marketwatchの記事から、2012年8つの大失敗作品 (The 8 biggest product flops of 2012)を来年になってからでは間が抜けてしまうので、今年のうちに紹介しておきます。
1. Apple Maps  間違いが多すぎるので、とうとうライバルのグーグル地図アプリを認めざるをえなくなょたのは皮肉なことです。
2. Dodge Dart  クライスラーの新車。野球選手などを広告に使って大宣伝したようだが、Chrysler aimed for the fences(フェンス越え、つまりホームランを狙ったのに), the Dart appears to have struck out(三振してしまった).
3.John Carter   この映画はディズニー製作で、ディーライフで毎日大宣伝していたが。アメリカでは大こけして、史上最大の損失を出したと報道されていた。biggest box-office dud(不発弾) ever.
4. Sony Tablet P  知らなかったが、日本でも発売されていたんだ。Vaio Pシリーズの様な形状で折りたためるので携帯には良いのだが,真ん中の折り目で画面が二つに分かれるのが見にくいと不評だったのも売れない原因の一つらしい(下の写真参照)。ノートパソコンのPシリーズは上が画面で下がキーボードだったが、両方とも画面にしたもの。薄くてコンパクトなタブレットなら二つ折りの必要自体ないような気もするが。
5. Nokia Lumia 900  マイクロソフトのウィンドウズモバイルを採用したが、売れないからアプリも増えないという悪循環。とうとうノキアのマーケットシェアは 4.3%に。ノキアの携帯、リサーチ・イン・モーション (RIM)のスマートフォンは過去の栄光になってしまったようだ。
6.Pan Am  ディズニーのテレビドラマで最初は良かったが途中で失速して今年5月に打ちきられた。
7. The Ultrabook インテルがマックブック対抗で出した製品だが、値段が高いこと、タブレットやスマートフォンに押されてだめだった。
8. PlayStation Vita  任天堂のより高価、ゲームのラインアップが貧弱,タブレットやスマートフォンの安いゲームに押されたことが理由。


こうして見ると、ソニーとディズニーが2つも入っている。また、パソコン、携帯、ゲーム専用機から、タブレットやスマートフォンという傾向が出ていますね。

e0262209_8351730.jpg

[PR]
by show_isa | 2012-12-31 08:46 | market | Comments(0)

(雑談)テレビドラマなど

このブログは英語をメインにマーケット(金融経済)、カルチャー(テレビドラマ、小説)、コンピュータやインターネットのトピックのつもりだったのですが,振り返って見ると、テレビドラマの話題が多かったように思う。地上波で見ているドラマは「相棒」くらいなものだが、日本テレビの「悪夢ちゃん」は中途から見始めた。タイトルからして子供向きと思ったが良くて最終回まで見続けてしまった。ファンタジー風に見せながら、脚本家のシリアスなメッセージがストレートに伝えられていて、ありふれたドラマが多い中で光っていたが終わってしまった。
BSは「プリティ・リトル・ライアーズ」と「クィーンズ」(中国古代歴史ドラマ)。クィーンズは主人公(皇后)の夫である元皇帝はドラマの中では凡庸にしか見えない。実際、歴史的評価も低いようだ。彼女の夫、子、孫の代と漢はだんだんダメになっていき一旦滅びるのだが、彼女はどう思っていたのだろうか。時代考証がどこまで正確なのか分からないが、この時代の風俗が日本に伝わったのだろうか、見ていて違和感がない。服装が和服風で帯をしていて、髪型(ちょんまげ風)、床の間風に一段高くなった所に主人が座っていて、他の人は床の上に座布団敷いて座っているとか。中国はやがて纒足(宋の時代に広まったらしい)や胡服の影響からか服装が変わっていったようだ。ついでながら、後宮は男子の出入りが美人心計の頃は比較的緩やかだったのが、後漢の頃にはかなり厳しくなったらしい。


ブログのテーマの語学はインセンティブ(刺激)があった方が良いので、受験予定はないのだがTOEICの問題集をやってみようと思っている。


また投資は少ししかやっていないが、そろそろ潮目が変わってきたようでもある(今の所、安部政権はその動きにうまく乗ったようだが)。インフレではジッとしていたら、お金がどんどん目減りしていくのだから、すぐ飛び降りられる(投資をやめる)ように気を配りつつ対策をしていかないと。以前、国際金融取引業務をしていたので、この位は受験しておこうとFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得した。FPをビジネスで利用したことはないが、一通り金融商品のことは知っている。安全で利回りの良い商品などないし(後で結果論としてはあるだろうが)、銀行・証券や保険会社等が勧める商品は、会社の利益になるが消費者の利益になるか疑問のものも多いから気をつけないと。詳しい事は、またこの次に。


では、皆様、良い年をお迎えください。


[PR]
by show_isa | 2012-12-30 18:42 | small talk | Comments(0)

来年の株式マーケット投資の予測

今回はマーケットウォッチの2013年の予測記事を紹介します。2013はラッキーナンバーで、アメリカ以外の株式市場がアメリカよりも上昇するということです。例によって、端折っているので詳細はオリジナルの記事を読んでください。2013年の投資アイディア10 10 money-making investment ideas for 2013


1. Mega-cap stocks go big
アメリカ大企業は海外の比率が高いから、海外の景気が良くなれば影響が大きい。例えばアップル、エクソンモービル、GE。たとえ、景気後退があっても大企業には抵抗力がある。

2. High-quality companies stay qualified
High-quality とは強い財務基盤、傑出した収益成長性、世界的な事業展開 strong finances, visible earnings growth and a global footprint.例えばPepsiCo Inc. (NYSE:PEP) , IBM Corp. (NYSE:IBM) and Caterpillar Inc. (NYSE:CAT) 成長も考慮するとGoogle Inc. (NASDAQ:GOOG) , Starbucks Inc. (NASDAQ:SBUX) and Gap Inc. (NYSE:GPS)も。

3.Dividend growth pays off
Caterpillar Inc., Novartis AG (NYSE:NVS) , IBM and McDonald’s Corp. (NYSE:MCD)。しかしダメな企業で配当率が良いのには注意。そこで、SPDR S&P Dividend ETF (NAR:SDY) の選択肢もある。

4. Europe goes up

5. China breaks out

6. Go for the gold

7. Real estate builds
Real estate investment trusts have been on a tear(バカ騒ぎ、大好況) 1年で42%上がったファンドもあるとか。狙い目として Brookdale Senior Living Inc. (NYSE:BKD) , Lowe’s Cos. (NYSE:LOW) ,commercial real-estate titans Jones Lang La Salle Inc. (NYSE:JLL) Hyatt Hotels Corp. (NYSE:H) Starwood Hotels & Resorts Worldwide Inc. (NYSE:HOT)

8. Industrials steam ahead
特に機械業界。

9. Technology plugs in
海外の収入が大きいことが来年はメリット。Qualcomm Inc. (NASDAQ:QCOM)やアップルなど。

10. ‘Dogs of the Dow’ have bark and bite
“Dogs of the Dow.”とはダウ平均銘柄Dow Jones Industrial Averageの高配当上位10社を購入する戦略(毎年年初に銘柄を洗い替えて購入)で、過去平均で4%上昇。これは“safety and income at a reasonable price”にぴったりです。年が変わらないと確定しないが12月20日現在ではAT&T Inc.(NYSE:T) , DuPont (NYSE:DD) , Hewlett-Packard Co. (NYSE:HPQ) , Intel Corp. (NASDAQ:INTC) , Johnson & Johnson (NYSE:JNJ) , McDonald's, Merck & Co. Inc. (NYSE:MRK) , Microsoft Corp. (NASDAQ:MSFT) , Pfizer Inc. (NYSE:PFE) and Verizon Communications Inc. (NYSE:VZ)


‘Dogs of the Dow’の方法は日本の株式でも有用な気はしますが、どうでしょうか。実は日本の高配当ETFを持っているが、今のところは、ぱっとしません。


[PR]
by show_isa | 2012-12-28 20:42 | market | Comments(0)

2013年アメリカ経済のリーダー30人

年末になると今年の10大何とか、来年の予想何とかとか特集されるますが、今回はMarketWatchの2013年の経済に影響力のある30人のリーダーを紹介します。私の知らない名前もかなりあります。30 leaders who will set agenda in 2013


Top Tech Innovators
(1)Marissa Mayer(President and CEO, Yahoo (NASDAQ:YHOO))
(2)Sheryl Sandberg (Chief Operating Officer, Facebook (NASDAQ:FB))
(3)Jeff Weiner (CEO of LinkedIn (NYSE:LNKD))
(4)Jeff Bezos (Founder and CEO, Amazon.com (NASDAQ:AMZN))
(5)Peter Thiel (Tech entrepreneur)
(6)Steve Jobs (Late Apple (NASDAQ:AAPL) founder and former CEO)
(5)以外は日本でも知られているところ。ジョブスは故人ですが、Steve Jobs will live forever ですね。

Consumer Game Changers
(7)Bryan Pearson (President, LoyaltyOne)
he advises companies worldwide on how to build effective loyalty programs.だそうです。
(8)Richard Cordray (Director, Consumer Financial Protection Bureau)
(9)Ben Baldanza (President and CEO, Spirit Airlines)
格安航空の経営者だそうです。the low-cost carrier became the nation’s most profitable airline.“I’m not going to say there’s not going to be anymore fees, because if we could find a way to make that $80 fare a $70 fare we’d do it,” he says.
(10)Sen. Tom Harkin (D., Iowa) (Chairman, Senate Committee on Health, Education, Labor and Pensions)
学費ローン問題を扱う上院の委員会の委員長(民主党)です。Now that Democrats have maintained control of the Senate, Harkin will oversee the reauthorization of the Higher Education Act next year. This law controls all federal student aid, including loans and grant funding and eligibility requirements.


Economic Stimulators
(11)Rep. Dave Camp (R-Mich.) (Chairman, House Ways and Means Committee)
下院歳入委員会の委員長です。財政の崖問題の共和党側の責任者です。Camp is a savvy(ツボを心得た), seasoned(経験を積んだ) leader who knows how to play nice with Democrats when it counts.  it counts は重要である。問題になる。
(12)Dan Gilbert (Founder and chairman of Quicken Loans/ CEO, Rock Ventures LLC)
 デトロイトの再開発をしているらしい。Gilbert says he's boosting Detroit’s transition from the “muscle economy” of its manufacturing heyday to today's "brain economy.”
(13)John Roberts (Chief Justice of the U.S. Supreme Court)
最高裁判所長官がオバマ政権の皆保険法(Patient Protection and Affordable Care Act)を合法と判断して驚かせたので、これからの判断が注目される。cases that are likely to hit the docket(訴訟一覧表) this term, including affirmative action in college admissions and gay marriage rights.


Financial Forces
(14)Grover Norquist (President, Americans for Tax Reform)
増税反対派のリーダーです。he convinced 41 current U.S. Senators and 238 House members to sign a pledge committing to oppose all tax increases. The goal is to require Congress to reduce yearly budget deficits by slashing spending. he could make a deal on the fiscal cliff virtually impossible.
(15)Ben Bernanke Chairman (Federal Reserve Board)
(16)Mohamed El-Erian (CEO and co-CIO of Pimco)
(17)Warren Buffett’s Successor
(18)Phyllis Borzi (Assistant secretary of the Labor Department)
確定拠出年金を担当の労働省次官。one power player who's not necessarily a household(有名な) name among the CNBC crowd. who oversees Labor’s employee benefits arm, rolled out a new set of 401(k) disclosure rules that many insiders credit with helping boost transparency and squeeze the plan costs ultimately borne by retirement savers.
(19)Jamie Dimon (CEO of JPMorgan Chase)
(20)Barbara Roper (Director of investor protection at the Consumer Federation of America)
(21)Abigail Johnson (President of Fidelity Financial Services)
(22)Jed Rakoff (U.S. District Judge for the Southern District of New York)
ニューヨーク地裁判事なので、ウォール街の事件を審理することが多い。high-profile cases involving WorldCom and Bernard Madof. 罪状認めないまま罰金を払って終了するケースが多いが、同判事はそれに反対らしい。Whether companies can continue to settle charges by coughing up a fine but not actually acknowledging they did anything wrong. The formula, which typically involves a statement that the accused “neither admits nor denies the allegations,” is popular with regulators that don’t want to waste precious resources on costly and difficult court fights.
(23)Edward DeMarco (Acting director, Federal Housing Finance Agency)
As head of the FHFA, the federal regulator of Fannie Mae and Freddie Mac,


Global Influencers
(24)Angela Merkel and François Hollande Chancellor of Germany; President of France
(25)Mario Draghi President of the European Central Bank
(26)The Emerging-Market Consumer
emerging economies will account for 71.6% of global growth this year.
(27)Vladimir Putin President of Russia


Health-Care Honchos
(28)Deval Patrick Governor of Massachusetts
アメリカで先進的な皆保険がある州の知事なので、今後の改革が注目される。Mitt Romney may have enacted Massachusetts’ major health reform law, but it was left to his Democratic successor, Deval Patrick, to implement the changes. ...touting(自慢する) that 98% of the state is now covered and a higher proportion of employers are providing insurance than around the rest of the country.
(29)Kathleen Sebelius (Secretary of the Department of Health and Human Services)
皆保険法案成立に尽力した。 Though it’s most often referred to as Obamacare, in many ways the true face of the Affordable Care Act is not the president, but Health Secretary Kathleen Sebelius....Sebelius has been on the ground working towards the reform rollout. “She’s where the rubber hits the road.”(自動車のタイヤが地面に接する時ということから、その真価が問われるとき位の意味)
(30)Stephen Hemsley (CEO of UnitedHealth Group(NYSE:UNH))
アメリカ最大の医療保険会社。皆保険成立により業績拡大が期待されている。the largest of the health insurers by market capitalization, continues to gain influence as the health reform takes effect. “But Hemsley has also set his sights beyond U.S. borders: the company recently announced a deal to acquire a 90% stake in a Brazilian health care company.

オバマケアとも言われる医療改革や学生ローンの関係者が何人もリストにあり、アメリカで大きな問題になっていることが分かります。


[PR]
by show_isa | 2012-12-24 22:09 | market | Comments(0)

インフレターゲットではなく名目GDPターゲット導入を

●天然ガス価格低下で原発はさらに不要か
Financial Timesの社説によれば、日本は長期契約に縛られ、LNGに払う価格は100万BTU当たり16~17ドルだ。しかし、欧州では原油連動型から切り替えが進みコストが下がっている。米国はシェール革命で天然ガス価格は、100万BTU(英国熱量単位)当たり3~4ドルで推移している。中期的には天然ガス価格は10~12ドル程度とのことだ。これで原発なしでもコスト的にやっていけると思われる。


●金融目標は名目成長率で、インフレターゲットは問題あり
さて、自分で本当に考えているのかどうか不思議だがインフレ目標を言う人が多いのは奇怪なことだ。経済成長すれば物価も上がるのは日本の高度成長の例もある。しかし、物価が上がれば経済成長するというのは逆立ちした理屈だ。実際にはインフレで破綻した悲惨な歴史はいくつもあるのに。要するに、インフレはあくまでも副次的なもので経済成長が目的なのだから、経済成長率の目標を政府は掲げるべきだ、インフレ率ではなくてね。本来、経済成長してもインフレ率は何%で押さえる(インフレターゲット)のが正統な経済学の考え方。無理やり株価をあげられたとしても経済成長したことにならないのと同じだ(株価が上がれば多少資産効果があるという理屈は知っているが)。しかし、誰もそんなことは言ってくれないと思っていたら、次の様な論文がGuardianに掲載された。著者は Jeffrey Frankel( Professor of Capital Formation and Growth at Harvard University)。

Is it time for nominal GDP targets? Incoming Bank of England governor Mark Carney has raised the issue – and for many advanced economies a nominal-GDP target is clearly superior to the status quo
今や中央銀行は金融政策を考え直して名目GDPターゲットを考えるべきだ(contemplate a shift toward targeting nominal GDP )中央銀行は自分の意図を示すのに経済指数の形で目標をアナウンスしている。過去には、金価格(金本位制下)、通貨供給量(monetarism's early-1980s の全盛期)、為替レート(helped emerging markets to overcome very high inflation in the 1980s, and was used by European Union members in the 1990s, during the move toward monetary union)と時代に応じて変えていった。

伝統的な政策では、過去何十年かインフレターゲット(消費者物価上昇目標)がベストなフレームワークだとされてきた。しかし2008年に始まった財政危機でインフレターゲットの欠点が明かになった。
幾つかの先進国の金融当局者は"zero lower bound" 名目短期金利はこれ以上低くできないという問題を抱えている。高い失業率の解決には従来の2%から4%にインフレ目標を引き上げ、実質金利の低下が必要だという専門家がいる。しかし、多くの中央銀行は4%、いや3%でも、たとえ一時的でも、強く反対している。そしてnominal GDP growth 5%以上についても2%以上のインフレターゲットになると心配している。
現実的な解決策は phase in(段階的に導入する) a nominal GDP target graduallyである。米国で 4-4.5%(=real growth rate of 2-2.5%)、日本はもっと低い、多分3% nominal GDP growth(自民党提案と同じ)で、これはインフレではない。(以下略)


かなりはしょったので、詳細は原文を読んでください。
同じ名目成長率でも著者と私とでは考えが同じではないらい。著者が日本の高齢化に言及しているとおり、また他の様々な要因からしても、日本の名目3%成長はないと思う。経済成長は金融政策ではなく、政府の成長戦略や社会政策(女性や高齢者の就職促進など)によるものだ。大規模な公共投資という以前失敗した政策で更に巨額債務を積み増しすることになるだけではないか。


[PR]
by show_isa | 2012-12-21 05:00 | market | Comments(0)

クィーンズ 王政君と王昭君 王莽



中国前漢末期のテレビドラマ、クイーンズ(原題は「母儀天下」)は第4話から見始めたが、そんなにおもしろいとはまだ感じていない。それに、主演女優は美人心計の方が良かった。主人公の王政君(Empress Wang Zhengjun) の時代(前漢、紀元前71年-紀元13年)の有名人といえば、王昭君と王莽。王政君は中国の通史にあったかもしれないが記憶に残っていない。百科事典や高校生向けの世界史事典では王政君は項目としてたっていない。王昭君はあるのだが。王昭君が元帝(王政君が皇后)の時に匈奴の呼韓邪単于に嫁いだのは史実であるが、絵師に賄賂を送らなかったので一番醜く描かれために匈奴に行かされたというのはもちろん、後世の作り話である。匈奴との和平は漢にとって重要なことであり、一番醜い女性を与えて相手を怒らせるような真似をするはずがない。宮廷は彼女が匈奴の実情を報告するや匈奴が侵略してこないよう説得することなどを期待して、聡明な女性を選んだのだと私は思っている。正史(漢書)では自ら嫁いだとあるそうだ。なお、「君」は(様、殿などの)敬称ではなく、名前の一部。当時は女性の名前に「君」の字が好まれた。
王莽は高校普通科の世界史教科書には必ず載っているだろう。彼は王政君の甥つまり外戚で、漢王朝を簒奪して新王朝を建て皇帝となった人物。王政君は元帝の皇后で、子の成帝、孫の哀帝、平帝、王莽の時代を24才で皇后となり84才で死去するまで宮廷の中枢にいた。呂后同様、元帝には愛されなかったが、運良く男子を生み、子供が皇帝になったので皇太后として君臨し外戚も栄えた。生涯の伝記(漢書の元后伝)があるが、私は未見なので詳細は知らない。


他の中国ドラマとしては、孫子兵法、三国志、画皮(狐の妖怪が出るドラマ)などをBSで観た。他の中国ドラマも放映してほしい。前回、紅楼夢 Dream of red chamberを放映してほしいと書いたが、Youtubeで予告編があったので、下に載せておきます。フルバージョンもあるが字幕(や吹替)がないので何を言ってるかは分からない。



[PR]
by show_isa | 2012-12-20 21:41 | culture | Comments(0)

総選挙の結果の本質的な評価は

総選挙の結果、テレビは面白おかしく絵になることばかりで、基本的なデータ分析はほとんど報道しないのでは、本質を見誤ってしまう。


今回2012年12月16日総選挙で自民党の比例得票数は2005年2588万票、2009年1881万票、今回が1662万票と実数では減少が続いている。小選挙区においても、2009年から165万票減少している。一方、民主党は比例で2009年の2984万票から962万票と激減した。比例で、維新の会は1226万票、みんなの党は524万票だから、維新とみんなを合わせると自民党より多くなる。また、自民党は比例区で前回の民主党2984万票にたいして今回の自民党1662万票とはるかに及ばない。自民党に風は吹いていなかった。民主党のオウンゴールで議席数で勝利した。それでも政策が国民に信任されたとして、いろいろと無茶なことをやるのか、現実主義になるのかは分からない。分かっている人は、この数字をみて来年の参議院選挙は厳しいと思っているだろう。(データは毎日新聞電子版から)


金融マーケットは、円と日本株式ともテクニカル指標では過熱気味とのことだが、予想以上の自民大勝で株式は更に上昇したらしい。円は専門家の間では、2013年末に1ドル85円と予測されているとのこと(The yen will trade at 85 versus the dollar at the end of 2013, according to the median of 57 estimates in a Bloomberg News survey. --bloomberg) 。


[PR]
by show_isa | 2012-12-17 22:32 | news | Comments(0)

小説「花の歳月」宮城谷昌光 ~竇猗房、感動の姉弟愛

竇猗房の姉弟愛 感動の小説「花の歳月」宮城谷昌光 講談社

以前、タイトルだけ紹介して未読だった小説を入手できました。中国テレビドラマ「美人心計」の主人公である竇猗房の生い立ちの確たる資料はないから、ドラマと小説とでは全く話が異なります。しかし、テレビドラマの方は全くの虚構です。彼女には兄と弟がいて、弟と感動的な再会をするのにドラマには出てこないのは脚本上の都合でしょう。一方、小説も生い立ちの部分は、想像に頼って書いているのが事実を歪曲してまでではないでしょう。

竇家は古くからの家柄で学問はあるが裕福とは言えず、一家は農業で生計をたてている。彼女が10才、弟の広国が4才の時。地元の長老(郷老)が来て、全国から銘菓の子女を集め皇宮で養成するからと県の役所に連れていかれた。馬車で長安に行く時に県の役所で彼女は家族と別れを告げた。その時、弟の髪からいやな臭いがするので、洗髪の道具を借りて髪を洗ってあげた。彼女が馬車で去った後、市場で広国は行方不明になってしまう。人さらいに連れていかれたのだ。竇猗房の方は14の時に他の4人の娘と共に代国に送られる。代国の王とその母(薄姫)は彼女達が呂太后のスパイと疑う(これはドラマと同じ設定だね)。しかし、彼女は薄姫のなぞかけに鮮やかに応えて信頼を得て代王の妃となり、やがて皇后にまでなる。さて、広国はあちこち転売されるが、やがて豪商の家で働き、主人が彼の利発さに目をかけてくれるようになった。そして、姉が皇后になったと知り、名乗り出る。竇猗房は衝立の後ろに隠れ、皇帝がいろいろ質問をする。他に覚えていることはと聞くと、彼は姉が髪を洗ってくれた時のことを話した。竇猗房は思わず駆け寄って弟を抱きしめ泣いた。周囲もたまらずもらい泣きをした(これは史記にある実話)。この後のラストにも作者オリジナルのもう一つの涙の再会があります。


作者後書きによれば、史記の外戚世家を読み小説にしたいとずっと思っていたそうだ。作者の文章は志賀直哉を思いおこさせる。簡勁で口語文なのだが、何か漢文体を思わせ、古代中国世界にふさわしい文章だ。

彼女の兄弟が外戚として横暴になるのを恐れ、宮廷は師をつけて教育したので、二人とも傲らず謙虚な生涯だったと史記は書いている。教育の成果もあるだろうが、もともと竇家の家風がそうなのだろう。3人とも人格的に優れていたのは、文帝やその子供の景帝にとっても幸運だったと言える。


[PR]
by show_isa | 2012-12-17 22:28 | culture | Comments(0)

Fedora & Windows8

個人的にはMicrosoft Windowsを使う必要性はほとんどないが、業務でファイルのやりとりをする場合のために必要。それとプリンタの細かい設定ができるメーカー提供ユーティリティなどがWindowsにしかないので、残してある。日常ユースはLinuxに切り替わっています。


◎Fedora LXDEバージョンをインストールしたが、プリントが上手くいかないときがある(意味の無い文字が延々と何頁も出てくる)。原因不明だが、文字コードの問題かもしれません。MP3を使いたいが、ソフトが見つからない(インターネットのどこかにあるのでしょうが)。仕方ないので、他のフォーマットを使っている。YouTubeなどはパソコンのスピーカーから音は出るが、BBC Radio Playerはなぜか音が出ない。何かソフトが足りないのだろうか。


◎Windows8の使い心地

日常使用はしないが、せっかくXPから8にアップしたので、ちょっと試用してみた。当初は使い辛いと思ったが、若干手順多いのも慣れてくれば問題ではない。Windows8からの新しいメトロスタイルの画面(タッチパネル操作が前提のスタート画面)と従来のデスクトップ画面があるが、私のパソコンはタッチパネルではないのでタッチパネル操作の評価はできない。ネットブック(1028x7600ドット)なので1028x768ドット以上の解像度が必要な「スタート画面からのアプリ操作」もできない。そこで、液晶テレビに接続して試したが、慣れないせいか使いにくい。

以前、スマートフォンで WindowsMobileを使用したことがあり、このモバイル画面をPCに持ち込んだという感じだ。デスクトップではタイルが大きくて間の抜けた感じもするが、PC、スマートフォン共通のインターフェースでシームレスに使う発想なのだろう。もはやモバイルの方がスタンダードでPCは少数派になるのだろう。タブレットがあれば大抵のことはできてしまうのだから。

電源を入れるとロック画面という余計な画面が出てくる(モバイルユーザにはセキュリティ上必要だろう)と言われるが、ログイン時にパスワード入れるユーザにとっては従来と変わりない(個人使用ではパスワード設定しないユーザが大半だろうが)。これはSkyDriveに接続が前提だから必要だ。次のスタート画面(タイル画面)でデスクトップのタイルをクリックして、デスクトップ画面が現れる。

ただ、スタート画面でアプリケーションのタイルをクリックすれば起動するから、ここがスタートボタンと思えば以前と同じだ。デスクトップ画面は左下のスタートボタンがないが、画面右下にマウスのポインターを持っていくと、チャームメニューが右端に表示される。その一番上の「検索」をクリックすると、タイル状のソフトの一覧が表示される。いつも使うソフトはデスクトップ画面にショートカットを置いても良い。電源切断の場合もチャームメニュー、設定、電源で行える。後は慣れの問題だろう。


[PR]
by show_isa | 2012-12-15 01:05 | computer/Internet | Comments(0)

トレンドはとうとう変わったのか?

◎トレンドはとうとう変わった?円安になってくるのか

前にも少し書いたかもしれないが、日本がイタリアなどより財政赤字が大きいのに問題になって来なかったのは、経常収支が黒字も理由の一つである。つまり、日本の国は外貨を稼いで蓄積してきたからだ。ところが貿易収支の赤字が続き経常収支の黒字も急激に縮小してきている。このままイタリア・ギリシャのように経常収支も財政収支も赤字になり、海外の信任がなくなってくれば、円安・金利上昇となってくるだろう。さらに米国がシェールガスで石油・天然ガスの輸出国となりドル高円安となる可能性も高い。そこで海外のヘッジファンドは円安・日本国債安(金利高)で攻めてくるだろうか。円安になれば、輸入原材料があがりインフレ率も上がる。
それは別としてインフレ率2%、実質成長率2%とは名目4%成長ということだ。本気で名目4%できると考えているのだろうか。雇用なき成長と米国経済が言われたことがあったが、日本は成長なきインフレになるだろう。成長戦略と言葉だけは勇ましいが具体策に乏しいのだから。あるのは、たまたまうまくいけば自分の手柄、だめだったら日銀の責任にすれば良いという作戦だけか。
[PR]
by show_isa | 2012-12-14 23:27 | market | Comments(0)