<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本政府のOpen data度は世界28位...... 「ネ甲エクセル」問題とは?

Open Knowledge Foundationが発表した世界70ヶ国のランキングがGuardian に掲載された。ランキングは英国(940ポイント) 、米国(870)、続いて北欧諸国が上位で、日本は28位(440)、ロシア(425)、中国(415)などである。日本は特に国の財政開示のポイントが悪かった。英国政府は国の会計の明細を電子データで公開しており、企業がデータを分析してビジネスに活用もできるのが日本と大きく異なる、
Guardian の記事の原文は次を読んでください。
The UK tops the 2013 open data index but how do other countries compare?
また、同記事によれば、政府のOpen dataについての大きな問題点の一つは、再利用可能性を顧慮していない点だという。
even leading countries don't realise the importance of re-usability to open data
補足すると、紙で発表されたものを、再度パソコンで打ち込んで分析するのは非効率であり、データが大量で入力が事実上不可能だったりするから、政府(や自治体)は表計算ソフトで読み込める形式でサイトからダウンロードできるようにすべきだということです。
ちなみに、GuardianもOpen Dataを推進していて、同記事でも各国ランキングのデータを表計算ソフト形式でダウンロードできる(Googleドキュメントを利用)。


再利用可能と言えば、日本には「ネ甲エクセル」と言われる問題がある。エクセルに代表される表計算ソフトはデータ入力分析、簡易データベースのツールだが、日本では罫線を多用した文書印刷ツールになってしまっている。その為にトリッキーなシートになって、データを抽出するのが困難で、エクセルデータが再利用できない。実際、私も入力して回答してくれというエクセルのフォームを何回も受け取ったことがあるが、いわゆる「ネ甲エクセル」が多かった。体裁よい印刷しか考えず、再利用できないエクセルデータが特に役所に多いそうで困ったものだ。詳しくは次の論文を見てください。 「ネ申Excel問題」



人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-31 19:47 | computer/Internet | Comments(0)

「日本の若者はセックスレス」は基本的な前提が間違っている

「日本の若者はセックスレス」という記事への反論を前回書きましたが、私の意見を代弁してくれるような記事が後で、bloombergに掲載された。
セックスレスで日本人絶滅は真っ赤な嘘-Wペセック
私が十分に十分に述べられなかった点を丁寧に書いてあるので、お読みください。

この作り話は2年に一度現れるそうで、「伝統的な結婚につながるような交際を多くの若者が避けていることが本当の問題だ。これは文化ではなく、経済に関する将来の不安が原因だ」との主張は私の考えと同じだ。


ところで、専門家でさえ、おかしな言説を述べるのは珍しいことではない。かって、物が売れないのは、タンスに物が溢れていて新たなに欲しい物がないからだと珍奇な説を述べる学識者が多くいた。彼らは裕福だからそう思うのだろうが、所得が減少して購買力が下がったのが低成長とデフレの主な原因だったのは今や明らかだろう。さらに遡れば、日本が1ドル360円の固定相場から通貨変動制度に移行した際も、そして円高になる度に日本が破滅すると言われてきたが、実際はどうだったか明らか。円高は、日本の経済力や国の安定が評価されているからで、基本的には悪いことではなく( 短期的な問題はあるだろうが)、彼らは間違っていると思っていた。むしろ、円高でエネルギー資源を安く購入できたメリットは大きかったと思う。日本の輸出依存度はドイツの半分程度で内需の方が大きいことを知らず、固定観念で思い込んでいる人には通じないようだが。



人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-30 14:39 | news | Comments(0)

ニュースから) ゆるキャラ Fukuppyで大騒ぎ & 日本の若者はセックスレス

紙の新聞は購読していないので、日本の新聞で報道されているかは知らないが、イギリスのニュースサイトGuardian/Observerで最近大きく扱われた日本の記事2件です。一つはフクッピー、

フクッピー
上図は大阪の福島工業のコーポレート・キャラクター「フクッピー」(Fukuppy)ですが、次の記事の様に大きな話題となった。
Meet Fukuppy, the inadvertent Fukushima mascot


この会社は福島県とは直接の関係なく,ましてや福島原発とは全く無関係なのに、マスコットの名称から誤解されてしまい、騒がれてしまったということです。
Fukuppy has become an unlikely online star after someone spotted his unintentionally hilarious(大笑いさせるような) name on the firm's website. さらに下の関連記事、

Fukuppy? Really? Here are our top five marketing fails
では、Not only did the name provoke amusement in the English-speaking world, it also seemed to suggest that the firm might be linked to the Fukushima disaster of 2011.とある。フクッピーの名前が何故おもしろいのかと不思議に思ったが、ネイティブはfuck up(へまをやる、不幸になる、故障する)を連想するらしい(記事には直接の説明はないが、ネイティブには明らかなのだろう)。なお、この記事は今回のトピックにひっかけて、過去の5大marketing error、例えばベプシの中国でのミスなど紹介している。


二つ目はObserverの
Why have young people in Japan stopped having sex?
What happens to a country when its young people stop having sex? Japan is finding out… Abigail Haworth investigates
このニュースサイトで一番読まれ、読者コメントが1000件以上付いた記事。しかし、アジアの国というステレオタイプでかかれているのは相変わらずだ。若者が結婚しなくなり、結婚にもセックスにも重きをおかなくなって来たのは事実だが、趣旨に合うものだけ拾っているような気もする。例えば、コンカツ(婚活)には一切触れていないし。インタビューした相手も高給でキャリアもある独身男女で、経済力がないから結婚できないといった話は全く触れられていない。
Japan's anachronistic family model of salaryman husband and stay-at-home wife remains.で、For Japanese women today, marriage is the grave of their hard-won careers. wives inside the home, husbands at work for 20 hours a day 
結婚したら女性は家にいろという若者は今や少数派だろう。むしろ、結婚後も働いてくれないと生活できないという男性が今は多いのではないか。
it almost impossible for women to combine a career and family, while children are unaffordable unless both parents work.
だからといって、それが日本の女性が結婚しない理由ナンバー1ではないだろう。
むしろ、日本は世界の最先端を行っているのかもしれないと思う。ヨーロッパでは若者は二十才位になれば独身でも親と別に住むのが普通なのが、今は経済的に自立できず親と同居している若者が増えている。日本はそれが当たり前だったわけで世界が追いついてきているのかもしれない。
Is Japan providing a glimpse of all our futures? Many of the shifts there are occurring in other advanced nations, too. Across urban Asia, Europe and America, people are marrying later or not at all, birth rates are falling, single-occupant households are on the rise and, in countries where economic recession is worst, young people are living at home.



人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-26 19:14 | English | Comments(0)

10月25日(金)日経平均14088円(14562円(先週末比▼3.3%) 円安だけの問題か?

今週は日経平均が14562円と一週間で474円のマイナスで3.3%終了した。
その理由の一つとして円安が上げられているが、米国株が上昇しているのに、円安だけでこれ程下落するだろうか。マザーズが上昇しているから、個人投資家は新興市場や小型株を物色しているようだ。また海外投資家はアベノミクスの成長戦略に失望売りをしているという説もある。企業業績が良くても、それは昨年からの上昇に相当程度織り込まれているから、そんなに上がらないのではないか。また、来年の税率アップに備えて年内に利益確定売りが出てくるかもしれない。日経平均で13000円前半になったら買いだが、そこまでは下落しない気もする。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 17160円(先週末17510円)
REIT-ETF 1551円(1546円)
MX225ETF 14450円(14910円)
オーストラリアREIT ETF 1301円(1327円)

海外上場
アマゾン $363(先週末329)
バンガード・エマージングマーケッツETF $42($42)
アマゾンは無配で利益が赤字で、割高だと言われる会社だが、急騰して購入額の倍を越えた。

オリンピック関連のETFを(東京オリンピック決定後の9月10日と10月25日で比較すると、
建設資材 16730円⇨17070円 
運輸物流 13200円⇨12960円 
不動産 35800円⇨35200円 
と建設資材関連だけは戻ってきている。



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-26 15:26 | market | Comments(0)

Windows8-->8.1アップグレードでパソコンの動作が軽快になった

Windows8.1へアップグレードしてから、パソコンの動作が速くなったようだ。計測したわけではないが、体感的に向上が感じられるのは、最適化のチューニングのおかげだろう。
Internet Explorer11も表示やスクロールがスムーズになった。ただ、IEのアドオンで動作しないものが出たのは残念だ。
Windows8はAtom搭載のネットブックでは一応動くというレベルだっだが、これなら実用になりそうだ。セキュリティの面でも強化されているのだろうから、アップグレードをお勧めしたい。

試しに、リナックスで作成したテキスト文書をWindowsで編集していたら文字化けしてしまった。標準の文字コードがリナックスはUTF-8 WindowsはShift-Jisなのが原因で、修正しようとしたが、アプリにより文字コードの表示法が違ったりしてまごつくので、簡単に整理してみた。 WindowsではShift-Jis、 LinuxはUnicode(UTF-8)、メールでJIS(ISO-2022-JP)等々使い分けている訳でややこしい。統一化してほしいものだ。


◎Windowsのメモ帳の文字コード
ANSI...Shift-Jisに相当(CP932)
Unicode...ここではUTF-16のこと
UTF-8...UTF-8 (Linuxの標準コード) ※UTF = UCS(or Unicode) Transformation Format / UCS = Universal Character Set ≒ Unicoede2.1 ≒ ISO 10646 ≒ JIS X 0221
(追記)Windowsの付属のワープロソフトWordpadのファイル保存形式に「Unicodeテキストドキュメント」があるが、これもUTF-16のことです。紛らわしいので、Unicode(UTF-16)と表記すべきである。それにLinuxとのデータ交換用にUTF-8も追加してほしい

Internet Explorer
日本語(EUC)... ISO 2022準拠(JIS 0202) ※EUC = Extended Unix Code (UNIX標準コード。ただし、リナックスはUTF-8が標準)
Unicode(UTF-8) ※UnicodeにはUTF-8, UTF-16などがあるので区別が必要
日本語S-JIS...DOSの時代からWindows8まで日本のパソコンの標準。

エディタ(Bluefish)
Japanese EUC-JP...日本語(EUC)と同じ(UNIX標準コード)
ISO-2022-JP...JISコードとも言われ、インターネット、特に電子メールで使用されている。※本来は半角カタカナ不可で、半角カナが混じると文字化けすることがある。



人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-22 19:37 | computer/Internet | Comments(0)

10月18日(金)日経平均14562円(先週末比△1.1%) アメリカの財政デフォルトは回避

今週は日経平均 14562円(先週末比△1.1%)で終了。

アメリカの財政デフォルトは回避され、暫定予算は1月15日まで、米国債発行は2月7日まで認められたが、またその時期になれば騒ぎを繰り返すリスクは残っているのだろう。
日本のREITのNAVプレミアム/ディスカウント率は37.7%と他国に比べて純資産価値をかなり上回り、割高度合いが突出している。2020年東京五輪開催決定とアベノミクス、日銀によるリート買い入れを含む量的緩和政策などが要因と言われている。日本のリートの買いは慎重にした方が良いのだろう。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 17510円(先週末17290円)
REIT-ETF 1546円(1546円)
MX225ETF 14910(14750円)
オーストラリアREIT ETF 1327円(1294円)

海外上場
アマゾン $329(先週末311)
バンガード・エマージングマーケッツETF $42($42)
オリンピック関連のETFを9月10日(火)(東京オリンピック決定後の値上がりピーク時)と10月18日で比較すると、
建設資材 16730円⇨16800円 △0.4%
運輸物流 13200円⇨13280円 △0.6%
不動産 35800円⇨36150円 △1.0% とやっと戻してきた。



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-19 20:17 | market | Comments(0)

Windows8.1へアップデート

  

10月18日からWindows ストアからダウンロードが可能となったWindows8.1Proへのアップデートを行った。インストールは2回ほど再起動が必要で、遅いマシンのためもあり、ダウンロードも含めるとかなり時間がかかってしまった。
私のマシンはWindowsXPのネットブック - MPUがAtom,メインメモリ2G(増設済),10インチディスプレイ(解像度1024×600)- をWin8とLinuxのデュアルブートにしたもの。主にLinuxで使用しているが、稀に必要な時もありWindowsも残している。解像度が低くタッチパネルでもないPCにはWindowsUI(タイル画面)は不要でしかない。デスクトップ画面しか使わないユーザにとって、今回、デスクトップ画面左下にスタートボタン(Windowsアイコン)が追加されて使い勝手が良くなったのは大変助かる。

e0262209_17214118.png
◎上図の様に、スタートボタンの右クリックでシャットダウンが表示される
◎Windowsアイコン(またはキーボードのWindowsキー)でデスクトップ画面とアプリ選択画面の切り替えができる
◎起動後、直接デスクトップ画面を表示できるようにするには
e0262209_1724258.png
上図の様にデスクトップ画面で右クリックして、「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」を出し、「ナビゲーション」タブで「スタート画面ではなくデスクトップに移動する」に設定する
なお、設定の変更は画面右のチャームの「設定」から「PC設定の変更」を選択して行う。
※標準ではタスクバーは画面下だが、私は画面左に設定している。画面が狭い為、画面の一番下もアプリで使用する必要があるので(自動的に隠れる設定でも)タスクバーが邪魔になるからだ。

まだの方は時間の余裕がある時にアップデートされることをお勧めします。


良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-19 17:30 | computer/Internet | Comments(0)

10月11日(金)日経平均14405円(先週末比△2.7%) アメリカの財政デフォルト問題で不安定な動き

先週は日経平均 14405円(先週末比△2.7%)で終了。


リザルトは、国内上場
高配当ETF 17290円(前週末16890円)
REIT-ETF 1546円(1523円)
MX225ETF 14750円(14400円)
オーストラリアREIT ETF 1294(1281円)

海外上場
アマゾン $311(先週末318)
バンガード・エマージングマーケッツETF $42($42)
参考にオリンピック関連業界のETFを9月10日(火)(東京オリンピック決定後の値上がりピーク時)と10月11日で比較すると、
建設資材 16730円⇨16540円 ▼1.1%
運輸物流 13200円⇨13040円 ▼1.2%
不動産 35800円⇨35300円 ▼1.4% と一服状態だ。


アメリカの財政デフォルトのデッドライン17日までは不安定な動きだろう。先週は日経平均が13000円台前半まで下落したら買いと思ったが、残念ながら、その手前で上昇に転じてしまった。10月第3週で日経平均が1000円下がる可能性はないだろうな。ただ、アメリカ株式は今年大きく上昇し過ぎているので,何かきっかけがあれば大きく下がっても不思議ではない。



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-14 20:36 | market | Comments(0)

最近のニュースから)アメリカではディスカウントストアが伸びている 等

 以前、既婚者がシングルマザーより税金で優遇される案をキャメロン首相が出したことを紹介しました。今回のガーディアンの記事Tories woo married couples with tax breakによると、
marriage tax allowanceを2015年から導入するとキャメロン首相が27日に発表した(同姓婚 civil partnershipsも対象)。首相が結婚の意義を持論とするのは自由だが、社会の絆として結婚を税システムの中で認めるべきだ(describing marriage as a glue in society that should be recognised in the tax system)というのはどうなのだろう。古き良き50年代の家族の再現を求めて政府がモラルを評価するのではなく(promoting 'fantasy 1950s family' with allowance worth up to £200 a year )、支援が必要な家庭(死別や離婚で片親となった家庭等))を援助すべきだという意見のほうがまともだろう


 リアル店舗はアマゾン等ネット通販のショールーム代わりになり実際の売上を奪われていると言われるが,MarketWatchkの記事、America’s fastest-growing retailersによると、
Bed Bath & Beyond (BBBY:アメリカの家具販売チェーン)の業績は好調で、 アマゾンに客を奪われていると見られているが(is often viewed as one of the notable victims of show-rooming and the Amazon effect.)、実際には同社の方がアマゾンより価格が安い( prices actually were lower than those offered at Amazon.)そうです。Amazonの商品は物によっては高い、安くないという話は日本でも聞くところです。

アメリカでもディスカウントストアが伸びているようで、日本のオンライン証券会社で購入できる銘柄では、
Whole Foods Market Inc.( WFM:自然食品スーパー )は価格引き下げ( offering lower cost items to consumers who are more price-sensitive.)で更に売上増進を考えている)
Ross Stores Inc.( ROST:廉価アパレルチェーン)、
Nordstrom Inc.( JWN:デパートだが、 ディスカウントのNordstrom Rackで売上が伸びている)
The TJX Companies Inc. (TJX:衣料と家具のディスカウントストア)
がこの記事で取り上げられています。


良かったら下のクリックお願いします。


[PR]
by show_isa | 2013-10-07 19:43 | news | Comments(0)

10月4日(金)日経平均 14024円(先週末比▼5.0%) オリンピックでの値上がりは帳消しに

この一週間(9/30-10/4)は日経平均14024円(先週末比▼5.0%)で終了。

成績は、国内上場分が
高配当ETF 16890円(先週末17920円)
REIT-ETF 1523円(1588円)
MX225ETF 14400円(15120円)
オーストラリアREIT ETF 1281円(1284円)

海外上場
アマゾン $318(先週末316)
バンガード・エマージングマーケッツETF $41.50($42)

参考にオリンピック関連業界のETFを9月10日(火)(東京オリンピック決定後の値上がりピーク時)と10月4日で対比すると、
建設資材 16730円⇨16160円 ▼3.4%
運輸物流 13200円⇨12700円 ▼3.8%
不動産 35800円⇨33750円 ▼5.7%
と、まだまだ関連銘柄が値上がりする局面はあるだろうが、オリンピック効果は剥落してしまった。

 消費増税が決定したので、来年の景気悪化は避けられないだろう。特に内需株は悪影響が懸念されるので年内に利益確定売り、影響の少ない輸出株や外国株式- 特にアメリカ株は財政懸念で続落したら - は安値を拾っておくのが良いかもしれない。

 ところで、今がトピックの投資信託を来年NISAで購入する気なら良く検討した方が良いと思います。今話題というのは今がピークということがありがちだからで、例えば、クリーンエネルギーのETFは2009年に25ドルになったが、2012年には6ドル近くに大幅下落した。最近は11ドル近くまで急上昇しているが、まだ半分以下である。

良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-10-05 22:11 | market | Comments(0)