<   2013年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Fedora 20 を使用して

Free OSのLinuxであるFedora の最新バージョン20を使ってみた感想です。
Fedoraのユーザはサーバーやソフト開発の方が多くて、普通のパソコンユーザの多くはUbuntuを利用しているかもしれません。Fedoraは自分で設定する手間が多少あるのが普通のユーザにはデメリットでしょう。私がFedoraを使用するのは古いパソコンでも動くからでした。

今回のバージョンアップ、普通のユーザにとっては、つぎ点が大きな変更でしょうか。しかし、かな漢字変換についての変更はデメリットでしかありません。

・「ソフトウェア」-Ubuntuの「ソフトウェアセンター」に似たソフトが標準で付いて、ソフトのインストール・削除が楽になった(上図参照)。
・かな漢字変換機能が、GNOME以外のデスクトップ環境では有効でない。
※GNOMEでは、かな漢字変換の変更は、キーボードレイアウトの設定で行う
※リリースノートに「ibus は、GNOME でないデスクトップ環境において、ウインドウごとの入力メソッドエンジンをサポートするようになりました。ibus-setup で有効にできます」とあるように、起動の度に端末からibus-setupと入力しないと、かな漢字変換が使用できなくなってしまった。
※なおGNOME以外の環境でかな漢字変換が動作しない時は、端末から次のコマンドを入力します。
  export GTK_IM_MODULE=ibus
  export XMODIFIERS=@im=ibus
  export QT_IM_MODULE=ibus

デスクトップ環境は標準のGNOME3以外にも各種あるが、画面がWindowsXPに似ていて、古いパソコンでも軽快に動く軽量のLXDEをインストールしました。インストール方法は、
「Fedora 20 の標準のデスクトップ環境は GNOME3 です。これはハードウェア・アクセラレーションで最良のパフォーマンスを発揮します。他のデスクトップは、より古いグラフィックハードウェアを持つユーザーや、LLVMpipe で不十分なパフォーマンスとなるユーザーのために推奨されます。デスクトップ環境は、既存のインストール環境に追加でき、ログイン時に選択できます。利用可能なデスクトップを一覧表示するには、yum grouplist コマンドを使用します」
    yum grouplist -v hidden | grep desktop
次に希望するグループをインストール。 LXDEなら
    yum groupinstall lxde-desktop と端末から入力します。

<私の追加インストール・ソフトウェア>
日本語フォントはIPAフォント等必要なものを追加する(「ソフトウェア」から選択)
Adobe flash Player
COMOD(ウィルスソフト。 ホームページを検索してインストール)
Master PDF Editor(ホームページを検索してインストール)
KeePass2
Krusader
GIMP
EasyTag
BleachBit
Konsole
Bluefish
7z
Brasero
yum extender
ソフトウェアの更新(GNOME Package Updater)
パッケージ(GNOME Package Installer)
Asunder CD Ripper
Gparted
Tomboy



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-31 18:29 | computer/Internet | Comments(0)

大納会の日経平均 16291円(12月20日:15870円) 年間で57%上昇 

毎週、週末金曜日終値を掲載してきましたが、今回は大納会が月曜なので12月27日は飛ばして、12月20(金)と12月30日(月)との対比とします。海外マーケットは12月31日もあるので、年明けに掲載する予定です。
今回は9連騰ということで、殆どの株が上昇していますね。

リザルトは、国内上場
高配当ETF 18830円(前週末18150円 )
REIT-ETF 1616円(1528円)
MX225ETF 16660円(16240円)
オーストラリアREIT ETF 1270円(1238円)
アジア債券ETF 12670円(12553円)

オリンピック関連がどうなっているかということで、9月10日との対比で業種別ETFの値上がりを見ると、
建設資材ETF +9.98%
運輸物流ETF +1.89%
不動産ETF   +8.38%   でした。

個別株は
三井物産 1465円(1400円)
ビューティ花壇 345円(335円)
JX    541円(520円)

またNISA口座運用銘柄として、
三菱UFJ 694円(670円)
ANA 210円(210円)
を購入しました。困ったことに、SBI証券の口座管理ではNISA口座は対応が間に合わないのか損益の表示がされません(通常の取引銘柄は損益が表示されますが)。

下表は12月最後の5日間(24~30日)日経平均のグラフです。

Nikkei Index

良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-30 18:53 | market | Comments(0)

12月第3週の日経平均 15870円(前週末15403円) FRBの金融緩和縮小で大幅高

今週はFRBの金融緩和縮小につきるでしょう。多少の金融緩和縮小はあっても低金利政策は継続されるという安心感とアメリカ経済への信頼感から、アメリカ株価は上昇、さらに円安拡大もあり日本の株価も高値更新しました。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 18150円(前週末17990円 )
REIT-ETF 1528円(1525円)
MX225ETF 16240円(15790円)
オーストラリアREIT ETF 1238円(1218円)

海外上場
アマゾン $402($384)
バンガード・エマージングマーケッツETF $40($40)
iShared MSCI Poland capped ETF $29($30) 

Amazonは初の400ドル越えとなりました。さて、今週は三井物産(1400円)、ビューティ花壇(335円)、ABF汎アジア債券インデックス・ファンドを新規購入しました。
アジア国債・公債ETF(正式名称:ABF汎アジア債券インデックス・ファンド)は、東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)のイニシアティブのもとに設定され、東証と香港証取に上場されている債券型ETFで、中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの現地通貨建ての国債および公債に投資されています。中国の元建て国債に間接的に投資できるところが特長(全体の20%が中国、15%が香港)。金融緩和縮小に伴い債券は下落リスクありますが、円安もあるのでトータルでどうなるかですね。

下表は12月第3週の日経平均のグラフです。
Nikkei Index

良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-22 00:37 | market | Comments(0)

リナックス Fedora 20 betaを試してみて (補足)

  Fedora 20のリリースは明日の予定だが、ベータ版をインストールして試してみている。その外観は上図のように現行と変わりないが、新規のアプリ"ソフトウェア"が増えた(上図の1段目の左から2番目)。これで、アプリのインストールがビギナーにも容易になった。
  マイクロソフト・ウィンドウズと違いリナックスは、様々なデスクトップ環境(ユーザーインターフェース)を選択できる。Fedoraも下記リストの様に、標準のGNOME3以外にも選択できる。コマンドラインで、例えば yum groupinstall lxde-desktop と入力してインストールできる。複数の環境をインストールして、起動画面で選択できる。
実際にLXDEのインストールコマンドを実行するとsshkのバージョンが合わないとのエラーメッセージが表示されたので、yum groupinstall --skip -broken lxde-desktop と入力してインストールした。
標準のGNOME3の他に、もっと機能豊富でルックスも良いデスクトップ環境もあるが、その分の機能・使用法を習得する必要がある。私はアプリが使えれば良いので、簡潔ですっきりしているLXDEを通常のデスクトップ環境にしようかと思っている。

かな漢字変換に使用する"ibus"がGNOME3以外の環境では使えなかった。後でリリースノートを読むと、GNOME3以外ではコマンドラインで"ibus-setup"と入力するとの記載があった。それで、ibusとanthyが従来の様に使用できたが、電源を入れる度にコマンドを入力する必要がある。これは、ibusのバージョンが1.4から1.5にアップした際に仕様を変更されたからとのことだ。しかし、GNOME3でも設定が従来の様にはできないようだ。もともとibusは日本語専用のアプリではないからだろうが、日本語使用者にとっては改悪でしかないだろう。

端末(ターミナル)はコマンドライン入力が必要な際に使用するアプリ。フォントが小さいと見にくいので、最近は"Konsole"を使用している。下図の様にフォントの大きさや背景色を設定できる。私はフォント・サイズを12、背景色はクリーム色に設定している。このアプリはデスクトップ環境KDE専用のものだが、他のデスクトップ環境でも使用できる。



良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-17 18:44 | computer/Internet | Comments(0)

LinuxパソコンはWindowsパソコンより割高? / Fedora20のリリースは12月17日に延期

  Linuxの方がWindowsより安いというのがリナックスの「売り」とされたりするのだが、新しくパソコンを購入する場合はLinuxの方が高いとのQ&Aがイギリスの新聞サイトGuardianにあったので紹介します。
Linux laptops: should you avoid buying Windows? 
「リナックスのノートパソコンを購入したい」という質問で、質問者はOSの付かないパソコンにDebianをインストールしたいと思っている。

 回答では、Linuxマシンの方がWindowsよりも一般に高価になる、なぜなら Windows machinesの方が数量効果により(ウィンドウズのライセンスコストを考慮しても)安くできる。インテルやマイクロソフトからの販促費もあるからだとのことだった。メーカーがLinuxが動くパソコンを製造する場合、メーカー自身でドライバを用意し各ディストリビュージョンの作動確認、宣伝、ユーザーサポートが必要になる。だからWindowsマシンを購入してLinuxとのデュアル・ブートがお勧めということだ。
dual-boot your distro of choice. While you might not like Windows, that's beside the point. Windows runs millions of useful programs (including the vast majority of open source programs) and games, and it supports most printers and other peripherals. Some day you may need Windows, so why not keep it around?

 また機種については、質問者の候補はNovatechだったが、回答者はLinuxがインストールされたパソコンなら、Acer Ubuntu E1-204
A name-brand alternative that also avoids Windows is umiPC's 15.6in Acer Ubuntu E1-204 with a 2.5GHz Core i5-3210M, 4GB of memory, 500GB hard drive and 64-bit Ubuntu 12.04 LTS for £562.04 at Amazon .

 また、Windowsパソコンであれば、Lenovoを推薦している。
I generally recommend Linux users to go for a ThinkPad, as historically these have usually had the best Linux support....and tend to be expensive, but Lenovo (the Chinese company that bought IBM's PC division) has an affordable ThinkPad Edge range.

  確かにOS無しのパソコンは数少ない。ノートパソコンでOS無しの広告は見かけない。私の場合は、Mouse computerのデスクトップでOS無しだと価格が若干安くなる機種を購入した。Linux動作は無保証だが、Linuxが動かない機種は殆どないと思う(保証はできませんが)。

  さて、Linux distro(ディストリビューション)は100以上あるが、通常は、Ubuntu or Red Hat(Fedora)ということになる。個人ユーザ、ビギナーにはUbuntuの方が優しいと思うが、Fedoraは自由度が高い点が魅力的だと思う。このFedoraの最新バージョンのリリースが12月10日の予定だったが、直前になって延期されて12月17日(日本時間では18日)となった。
私はFedora20のβ版をインストールしてみた。最初はFedora19から20へアップデートしようと思ったが、その機能が見当たらないので、クリーンインストールとなった。
 インストールは簡単で、Gnomeの外観は変わりないが、新たに「ソフトウェア」というアプリが追加されていた。未インストールのアプリはここから選択してインストールできる様になっている。このアプリはbuntuの「ソフトウェアウェアセンター」に相当するが、機能はUbuntuのよりも低い。



良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-15 14:31 | computer/Internet | Comments(0)

12月第2週の日経平均 15403円(前週末15300円)と下落

日経平均は月曜日に15600円を越えたが週後半に下落して、結局前週末より103円安で終わった。12月20日以降は値上がりして終わるとの見通しが強いが、どうなるか。FRBの「金融緩和縮小」が決定するまでは不安定な動きなのだろう。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 17990円(前週末17940円 )
REIT-ETF 1525円(1527円)
MX225ETF 15790円(15670円)
オーストラリアREIT ETF 1218円(1233円)

海外上場
アマゾン $384($387)
バンガード・エマージングマーケッツETF $40($41)
iShared MSCI Poland capped ETF $30($31) 

12月第2週の日経平均のグラフです。
Nikkei Index

良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-14 23:50 | market | Comments(0)

12月第一週の日経平均 15300円(前週末15662円)と一週間で362円安

アメリカの金融緩和縮小懸念と景気回復期待が交錯して不安定な動きをしているようだ。税金対策での株式売却や年末の資産圧縮の動きで日経平均が15000円を割れば買いのチャンスかもしれない。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 17940円(前週末18180円 )
REIT-ETF 1527円(1543円)
MX225ETF 15670円(16020円)
オーストラリアREIT ETF 1233円(1279円)

海外上場
アマゾン $387($394)
バンガード・エマージングマーケッツETF $41($41)
iShared MSCI Poland capped ETF $31 ※今週新規購入

Nikkei Index 2013/12/2-12/6



良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-07 18:18 | market | Comments(0)

格安な Windows8.1+officeのタブレット & スマホ通信サービス

 最近、8インチサイズのWindows8.1+officeのタブレットが相次いで発表されている。Office Home and Business 2013インストール済で5蔓延前後だから、ソフトの価格を考えると魅力的だ。
私のノートパソコンは一昔前のatom搭載のネットブックで、画面表示が1024x600(標準は1024x768)と寸足らずな為、アプリによっては下が切れて使えないものもあり不自由している。そのこともあり、買い換えたいと思っていた。問題点として考えられるのは、
●サイズが8型と小さすぎる(対策は、自宅ならテレビに接続する)
●CDドライブがない、SSDの容量が小さい、HDDドライブがない(対策は外付けドライブ)
●キーボードがない(対策はオプションのキーボードを付ける)
●メインメモリ2GBは少ない&Atomの性能(coresシリーズには劣るが、Web閲覧や通常のワープロ操作なら支障なさそう)

サイズが10インチのWindows8.1タブレットが出るまで待つか、同程度の価格のオフィスなし14型タッチパネルのWindows8.1パソコン(MPUはセレロン・クラス)が良いか迷うところだ。

ドコモMVNOによるモバイル通信サービス
私は、月額料金が定額490円(音声通話は含まず)のDTI社「ServersMan SIM LTE」でスマートフォンを利用している。ドコモの通信回線を利用しているのに料金が安いのは、通信速度が最大100kbpsとかなり低速に抑えられているからである。このの度、料金は据え置きのまま、通信速度が1.5倍の最大150kbpsに増速にしたとのアナウンスがあった。「ServersMan SIM LTE」通信速度を50%増速バージョンアップ。
数字上はかなり低速に思われるが、実際に使用するとメールやニュースをチェックする程度なら支障がないと感じる。自宅などのWiFi環境なら、動画閲覧や音楽ダウンロードなども可能である。他にも同様のサービスを行う通信業者があるので、自分の条件に会ったサービスを探して通信料金を節約してみてはどうでしょうか。

 さて、私のデスクトップパソコンのリナックスOS、Fedora19のバージョンアップ、Fedora20がいよいよ12月10日(時差があるので日本では11日)にリリースされます。



良かったら、下の画像のクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-05 21:20 | computer/Internet | Comments(0)

12月3日) ポーランドのETFを購入

ポーランド地図

東証で購入できたら便利だったのだが、残念ながらヨーロッパ地域を対象にしたETFは東証に上場されていない。そこで、NY市場でishares MSCI Poland Capped ETF(EPOL)を購入しました。
ヨーロッパの中では、ポーランド経済は比較的堅調で若者が多いので将来性に期待できそうだ。通貨は独自(ズロチ)なのでユーロ高に左右されることもないのもメリットだろう。
ニューヨークマーケットは下落が続いているためか、買値の$30.75が終値では $30.43と若干下がってしまった。


良かったら、下の画像のクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-04 17:57 | market | Comments(0)

11月29日の日経平均 15662円(前週末15382円)と株価は続伸

日本のREITの価格は戻ってきた。ただ米国のREITは長期金利の上昇傾向による魅力減で下がっている。新興国株式はアメリカの景気が改善しても、相関度が落ちているので期待できないとの見方がある(アメリカの製造業回帰やシェールオイルの影響で以前ほど輸入が増えないため)。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 18180円(前週末18090円 )
REIT-ETF 1543円(1520円)
MX225ETF 16020円(15760円)
オーストラリアREIT ETF 1279円(1280円)

海外上場
アマゾン $394($372)
バンガード・エマージングマーケッツETF $41($41))
下表は2013年11月のTOPIX

TOPIX2013年11月



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-02 15:28 | market | Comments(0)