<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

8月15日の日経平均は15318円、S&Pは1955



上図は月間の日経平均です。

8月11日~15日の週は先週の暴落から回復した週と言えるでしょう。それ以外は夏休み入りで静かだったと思います。日経平均先物は15240円なので、当面は静かなうごきでしょうか。
私の売買しているNISA口座も株価回復してきました。三菱UFJは相変わらずダメですが。



上のチャートのとおり、S&P500も株価が回復してきました。
私の外国株のリザルトは下図のように、ぱっとしません。アフリカETFはエボラ出血熱の影響が気になります。8月17日のBBCのアフリカ経済の番組(毎日曜にディーライフで放映)を見ると、経済的にも深刻な状態になってきているようです。早く収束してほしいものです。


良かったら下のクリックお願いします。


[PR]
by show_isa | 2014-08-17 21:27 | market | Comments(0)

ボラティリティ指数は株価暴落の保険になるか?



上は(2030)iPath VIX ETNのチャートです。これはニューヨークマーケットを代表する指数であるS&P500のボラティリティ(別名を恐怖指数)に連動するETN です。最近、MarketWatchにこのボラティリティ指数の購入は損するケースが多いとの記事がありました。たしかに、きれいな右肩下がりのチャートですから、当然といえば当然でしょう。 しかし、株価が順調に見えても、ある日突然株価が暴落するのが過去の例ですから、何かしらそれに備えた保険が欲しいものです。そこで、ボラティリティ指数が底値付近と思われた7月17日に114円で少し購入しました(現在は119円)。もちろん、底値かどうかは、後にならなければ分からないわけですが、更に下落したら保険料だと思って買い増しも考えています。最近1カ月のチャートは下図のとおりで、一時30%程度上昇しましたが今は落ち着いてきています。



(2035)日経平均平均VI先物指数ETNも同様ですが、アメリカマーケットが順調でも日本の株価が暴落するリスクもあるので、59000円以になったら購入しようと考えています。



良かったら下のクリックお願いします。

[PR]
by show_isa | 2014-08-17 21:00 | market | Comments(0)

8月8日の日経平均は14778円と大幅下落だが、S&Pは1932と上昇



上図は月間の日経平均です。

夏休みに入っているので、ちょっとした材料で乱高下するのかもしれませんね。ウクライナ、イラク、ガザの情勢で日本は大幅下落なのに対して、米国株式マーケットは上昇と正反対の動きとなりました。日経平均先物は14960円なので、特段の新材料がなければ11日の週の日経平均は15000円台を回復するように思われます。
もしも日経平均が15000円割れたら、日経平均ETFを購入する予約を数日間入れておいたままだったので、8日は帰宅してみたら、買い注文が自動的に執行されていました。家にいたら、もっと安値で購入できたのですが、しかたありません。全面安のため、持ち株で8日に上昇したのは(2030)VIX短期先物指数ETNくらいです(購入時からは32%上昇)。

実際に売買しているNISA口座のリザルトは下記の通りで、含み益は大幅に減少です。



S&P500は上図のように一週間通算では上昇となり、日本株とは対照的です。

外国株のリザルトはウクライナ情勢の影響で下図のように、ますます悪化しています。ヨーロッパETFだけでなく、アフリカETFもエボラ出血熱の影響でどうなるか分かりません。


良かったら下のクリックお願いします。


[PR]
by show_isa | 2014-08-10 22:17 | market | Comments(0)

ネット取引のセキュリティ対策は重要ですね

最近、特に銀行のインターネット取引への巧妙な攻撃・詐欺が問題になっていますが、皆さんはどう対策をされているでしょうか。。完全な防御は不可能ですが、セキュリティ強化の為に決済専用ブラウザの導入等の対策強化をしてみました。
ガーディアンの記事How can I protect my Windows PC against malware?も参考にし、
(1)決済専用ブラウザのあるセキュリティソフトを購入
「スーパーセキュリティ決済ブラウザ」が付属するスーパーセキュリティ(ソースネクスト社)にしました。これは、Bitdefenderの製品で悪くはないようです。

(2)他のウイルス対策ソフトと併用できる無料のgred AntiVirus アクセラレータ(gredAVX)も導入しました。実はウィンドウズ8の標準セキュリティソフトとは併用できなかったのですが、Bitdefenderにしたら併用できました。

(3)EMET(マイクロソフトのアプリケーションの脆弱性を緩和ツール)をインストール。下のリンクからダウンロードできます。
EMET 5.0 公開しました

(4)SBI証券との取引では登録したPCからのみ注文できるように設定(「PC登録安心サービス」)

(5)必要のない時はインターネット接続を切断する。

(6)重要なデータは外付けのHDやUSBに入れ、不要な時は取り外しておく。

(7)インターネット取引とそれ以外のネット閲覧を行うパソコンを別にする。

ワンタイムバスワードで利用している銀行もあるのですが、一回で使い捨てだからパスワードが盗まれても安心とは限らないようです。短い有効時間内の間に使われてしまったケースもあるようで、油断できませんね。


良かったら下のクリックお願いします。


[PR]
by show_isa | 2014-08-06 14:44 | computer/Internet | Comments(0)

8月1日の日経平均は15458円、S&Pは1925と下落で終る



上図は月間の日経平均です。

7月最後の週の日経平均は順調に上昇してきたのですが、海外マーケットの下落を受けてか8月1日は下落となりました。先物は15460円なので、週明けは小幅な動きで始まるのでしょうか。日経平均ボラティリティ指数がこの数日間上昇しているのが気になります。

私が7月17日に購入した(2030)VIX短期先物指数ETNは既に15%の上昇となっています。日経平均のボラティリティ指数は急上昇したため購入できませんでした。

実際に売買しているNISA口座のリザルトは下記の通りで、三菱UFJ以外は順調です。

S&P500は8月1日終値が1925と大幅な下落の週となりました。下図は月間のS&P500です。



外国株のリザルトは悪化しています。ヨーロッパ株主体なので見通しを誤ったとしか言いようがありません。アジア株にすべきでした。


良かったら下のクリックお願いします。


[PR]
by show_isa | 2014-08-02 22:03 | market | Comments(0)

ボラティリティ指数上昇の意味は? ワコムのストップ安

(2035)日経平均平均VI(ボラティリティ)指数が安値(58000円以下)になったら購入と考えていたら、ここ数日間で65100まで急上昇してしまいました。欲張らずに60000円位で購入すれば良かったのでしょうか。しかし、日経平均が上昇中にもかかわらず急騰したのは何故でしょうか。この先の変動を予見或いは危惧して購入した投資家が増えたからでしょうか。下はボラティリティ指数の一カ月間のチャートです。


さて、私のNISA候補銘柄リストにある(6727)ワコムがストップ安となり大きく下落しました。会社側から減益予想が出されたのがきっかけのようです。ワコムはタッチペンやタッチスクリーンの技術が世界的に評価されていますが、韓国メーカーに追い越されるリスクはあるように思われます。他の日本メーカーの先例もありますから安心はできません。。それに度重なる収益の下方修正は経営者の手腕を疑わせるものがあります。そこで、ワコムは私のリストから外すことにしました。



良かったら下のクリックお願いします。

[PR]
by show_isa | 2014-08-02 21:34 | market | Comments(0)