悪趣味なアメリカの豪邸を人は McMansions と呼ぶ

もともとは、英語の勉強も兼ねて経済情報等を海外の英語サイトで収集し、その内容を書きためておく、また投資についてのメモを残しておくことを考えてブログを始めました。

ということで、今日はMarketWatchでMcMansionsという単語を見かけたので、紹介したいと思います。お察しのとおり、マクドナルド+マンションの合成語です。マクドナルドはあのハンバーガーチェーンのことで、マンションは豪邸という意味。
無駄に広くて部屋数が多い、見せびらかしの住宅で、軽蔑的な意味合いでマックマンションと呼ばれています。購入するのは上層中産階級に属する人々で、これは、アメリカの景気回復の恩恵が上流階級や「中産階級の上の部分」に集中していることの現れだと書かれています。具体的にどんな住宅かは下の写真をご覧ください。





>
人気ブログランキングへ
[PR]
# by show_isa | 2015-02-24 21:20 | news | Comments(0)

3月のIPO投資

3月のIPOブックビルディングは、次の銘柄に参加を考えています。
6038 イード(マザーズ) 3/6-3/12 Webメディア運営等
3911 Aiming(マザーズ) 3/9-3/13 オンラインゲーム
今回から、抽選が1人1票制を採用しているマネックス証券で申し込みをするつもりです。

さて、今日も日経平均が136円上昇して18603円になりましたが、私の持ち株は三菱UFJなど値下がりしていて、トホホですね。




[PR]
# by show_isa | 2015-02-24 20:41 | market | Comments(0)

2015年ユーロビジョンソングコンテストに、オーストラリアの出場が決定

ユーロビジョンソングコンテスト 2015 Eurovision Song Contestは、オーストラリアも含む40カ国の代表がオーストリアのウィーンで開催される第60回大会(6月19日~23日)に出場することが決定しました。
ロシアやイスラエル、トルコ、アゼルバイジャンなど、かなり幅広い地域からの参加があり、世界最大のボップス音楽コンテストと言われています。アゼルバイジャンがどうしてユーロなのという気もしますが、それでもオーストラリアは違うだろうと思いますよね。

その通りで、オーストラリアは今まで参加できませんでした。昨年は初めてゲスト参加しましたが、それでも、ゲストであって、コンテストの採点対象ではありませんでした。しかし、今年は60年記念ということもあり、2015年に限りオーストラリアが正式出場、つまり採点対象となりました。オーストラリアのテレビ局は30年以上、ユーロビジョンコンテストを中継し、オーストラリアでも人気があることも評価されたようです。

優勝国が翌年のコンテストを開催することになっています。しかし、もしオーストラリアが優勝した場合には、翌年の大会はヨーロッパで開催し、オーストラリアはヨーロッパの放送局と共同開催という形になります。なお、今回は、60年目を記念しての特例で、2016年以降もオーストラリアが参加できるかは未定です。

毎年、このブログではユーロビジョンソングコンテストを取り上げていますが、日本ではなかなか実感がありません。しかし、ヨーロッパではユーロビジョンコンテスト大変な人気です。たとえば、数年前にドイツが優勝したときはドイツの一般紙も一面に記事を掲載していまた。



>
人気ブログランキングへ
[PR]
# by show_isa | 2015-02-23 20:16 | culture | Comments(0)

このまま、リスクオンで上昇続くのか?

ブルームバーグの「日本株週間展望」では今週は反落する見通しで、先週上昇した銀行株にも過熱感が高く、調整があってもおかしくないとのことでした。もっとも、これの掲載後にギリシア支援の延長やニューヨーク株式の上昇があってリクスオンとなったためか、23日の東京マーケットは上昇しました。銀行株は見通しが当たって、値下がりしたのは残念ですが。また、日経平均は0.7%高なのに、TOPIXは0.2%だけの上昇と片寄っていました。過熱感の指摘もあるので、何かきっかけがあれば調整いりする恐れはありますが、恐怖指数を見る限り、マーケットの心配は少ないようです。




[PR]
# by show_isa | 2015-02-23 19:44 | market | Comments(0)

レオス-ひふみプラスを購入しました

今のところ、日本株は18000円台で堅調ですね。そこで、国内投信のレオス-ひふみプラスを新たに購入しました。
「国内外の上場株式を主要な投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資します。実質的に信託財産の総額の50%までを株式以外への資産で保有できる仕組みにすることで、株式の上昇が予測される局面では株式の組入比率を高め、一方で下落が予想される局面では株式を売却、組入比率を低めることにより、資産を守りながらふやす運用を行います」とのことですが、現時点では外国株の組み入れはないようです。
日銀と年金ファンドの買い支えで日本株の下値不安はあまりない、
当面は日本株は上昇傾向と見られる
ことから、かねてから興味のあったひふみ投信を購入してみたものです。
世界的に資産バブルで金利は最低水準ですから、不動産と株式は上昇するしかありません。いつバブルがはじけるか分かりませんが、当面はそれに乗って見るしかありません。若干、保険として米国と日本のボラティリティ指数を買ってはありますが、ある程度上昇した銘柄は早めに利益確定したいですね。また、石油関連産業のETFの購入は3月になったら考えようかなと思っています。




[PR]
# by show_isa | 2015-02-20 21:05 | market | Comments(0)