タグ:Dlife ( 3 ) タグの人気記事

Dlifeの経済ニュースを見て

 Dlifeでは平日午前4時にBloomberg West,午前5時にBloomberg Rewindブルームバーグが放映されている。念のために解説しておくと,ブルームバーグは経済専門のニュース通信社で,その専用端末はQuickと並んで証券会社や機関投資家に使われていたものだ。そして,経済専門テレビ局としてCSで放映されていたが,リーマンショック後に日本からは撤退してしまった。
 
 さて,ブルームバーグウェストはサンフランシスコからハイテク関連の話題,リワインドはニューヨークマーケットの話題を流していた。しかし,この時間帯では何人が視聴しているのだろう。私はビデオに録画したものを昼間に見たが,21日の放映ではどちらもアップルの配当復活が話題の中心であった。

 それから,ディズニーのSF映画「ジョンカーター」が史上最大の2億ドルの損失を出したとのニュースもあった。Dlifeでこの映画の宣伝を前日見たばかりだったのだが。
時間帯については録画して見れば良いだけだが,マーケットニュースが1日遅れなのはやはり痛い。吹き替
えを付ける手間がかかるとはいえ,20日朝(現地の米国では同日夜)のニュースを1日遅れで21日早朝に流しているのだから。一日送れのマーケット情報を見ることになる。
[PR]
by show_isa | 2012-03-21 21:20 | market | Comments(0)

株価はこのまま上昇するか?

BSでDlifeが3月17日に開局
海外ドラマファンは早速視聴した方も多かったのではないか。
ただ,韓国ブームの今,アメリカのテレビドラマファンがどれだけいるのかは気がかりだ。
他の人がリモコンでチャネルを選択できないと書いてたが,チャネル番号を「258」と一々入力するのは面倒だし,番組表もスクロールしないと見られないのは不便だ。。
 私は空きキチャネルの内,10チャネルにDlife,2チャネルにFOXを割り当て,見ないチャネルの番組表は非表示にしています。


日経平均が1万円超え
昨年12月始め頃は日経平均が8000円割れしたら購入しようと思ったが,その後2月には9000円を超えて10100円に到達してしまい,押し目買いの機会を逸してしまった。まあ,ここまで予想した人はほとんどいなかったかと思いますが。私も初めの頃は懐疑的で,反落するのではないかと思っていましたが,さすがに10000円台になったのを見て,潮目が変わったように思います。乗り遅れたものの2月末に購入した日経平均連動型ETFは現在5%高なので,ちょっと反落すればマイナスとなる。そこは押し目買いで買い増しのチャンスと捕らえるべきだろうか。昨年8月に購入したNASDAQ100連動型ETFは33%の上昇となっている。
惜しいのはアップルの株を昨年60%高程度で利食い売りしてしまったことである。持続していれば2倍になっていたところだが,確実に利益を手にする方針だったので止むを得ません。
現在は個別株式ではETFの売買を考えています。会社情報は素人が個人で収集には限界があり,サプライズでの暴落が防ぎきれません。
今はマーケット全体の動向で動くETFを購入しており,次の投資先は,マレーシア株式のETFとヨーロッパ株式のETFの2つです。ロシアの株式も良いと思います。
e0262209_13455366.jpg

[PR]
by show_isa | 2012-03-19 23:45 | market | Comments(0)

Dlife BS開局

BSでDlifeが3月17日開局
無料BSということで役所は採算が取れないのではないかと反対していたため,開局が遅れたそうだ。
やたら規制したがる役所は困ったものだ。資本主義だからテレビ局が倒産してもいいのではないか。

ディズニーはアメリカで放送局(ABC)を傘下に持っている。日本では有料のディズニーチャンネルは子供向け,こちらは主に大人を対象の娯楽チャンネルという位置づけのように思われる。面白そうなテレビドラマを揃えているので,期待大である。


官僚の国会答弁は是か イギリスの新聞ガーディアンの社説
Civil servants and MPs: settling accounts
Better accountability is desirable, but civil service independence and trust between officials and ministers matter too

accountability は説明責任義務と訳されるが,国会での説明責任は閣僚にあり,公務員は上司である大臣に説明責任があるというのがイギリスのルールである(民主党はこれを日本で実施した)。
今回,英国の国会議会が公務員の答弁を求めたことで,このルールが問題になっている。
大臣が答弁できることも公務員が答弁するようになればofficials and ministersの区別がなくなる。
officials advise, but ministers decide という官僚の中立性が損なわれるということが危惧される。
もっとも,この社説ではどちらがよいのかは結論を下していない。
[PR]
by show_isa | 2012-03-17 19:29 | culture | Comments(0)