<< 徒然草 日本の代表的随筆 仮面の男 (アレクサンドル・デュマ) >>

Linux 日本語環境設定のトラブル

Linux(Xubuntu ズブンツゥ)の設定は意外にスムーズだったのだが,やはりトラブルが出て来た。
初期設定はあれこれやっているうちに,できてしまったケースモ多く,自分でも手順が分からない場合もある。

(1)文字化け
ミュージック(メディア)プレーヤーで日本の曲のタイトル等が文字化けする。 ミュージックプレーヤーAudaciousは設定画面で日本語を選び,refreshすれば大半の文字化けは解消する。しかし,他のソフトは文字化けするので使えない(ひょっとして,解消の方法があるのかもしれないが)。

(2)毎回,クラッシュの表示が出るが,実害はないので,そのままにしている。

(3)日本語かな漢字入力(IBus)の設定
(Windowsなら,IMEやATOKなどの)かな漢字変換メソッドを切り替えるIBusの動作がおかしくて,Mozcに切り替えてもAnthyになってしまう(或いはその逆)。その場合,IBusを終了・再起動すると成功するようだ。

(4)Anthyで「親指シフト(NICOLA配列)」入力が可能
日本語かな漢字変換Anthyでは,「ローマ字,かな,親指シフト」から選択するようになっている。これは,Anthyを実際に触ってみて分かったことだ。(3)のトラブルがなければMozcを最初に選択したまま,Anthyには触らなかっただろう。MozcはGoogle日本語入力を元にしており,開発が止まったAnthyより高機能と言われている。しかし,MS-DOS,ワープロ,Windowsで使ってきた親指シフトが使えるから,Anthyにした。これもAnthyで書いているが十分実用的だ。

 さて,今のレイアウトの元になったカナタイプライタのレイアウト案(関東大震災の1923)は,覚えやすさ(五十音順)で決められた。だから,キーボードを良く見れば,五十音順ということが分かる。ところどころ飛んでいるのは,アルファベットとカナの数が違うため,余ったカナを適当に分散させたためだ。カナタイブやテレタイプを使うのは少数のタイピストだけだったから,これでもよかったのだろう。パソコンが普及する前に標準規格にされてしまった。ワープロが普及すると共に,さすがに使いにくすぎるとして様々なキーボードが考案された。普通の人でも打ちやすく入力が早くできると,ワープロコンテストの優勝者が使用していたのが「親指シフト」である。しかし,富士通しか採用しなかったため,広く普及することはなかった。Windows用のソフト(Japanist。Windows7でも動作)は販売されており,キートップに貼れば親指シフトキーボードになるシールもある。何はともあれ結果的に,Linuxの標準環境で親指シフトが使用できると分かって,とても良かった。

 下図は「親指シフト」キーボードとWindows用ソフト



[PR]
by show_isa | 2012-07-28 16:57 | computer/Internet | Comments(0)
<< 徒然草 日本の代表的随筆 仮面の男 (アレクサンドル・デュマ) >>