人気ブログランキング |
<< ドル高円安に潮目は変わるのか ジュニア・ユーロビジョン・ソン... >>

美人心計最終回 ユーロビジョン・コンテスト

美人心計 最終回

12月8日放送の第40回で、武帝が即位し、美人心計は終了してしまった。竇漪房役のルビー・リン、美人で聡明だが、優しそうなところがハマっていた。張嫣役も美人で,はかない感じが良く出ていた。最後の場面で武帝の将来の皇后(衛子夫)が顔を出して、後は次の世代...ということで終わったので、続編がありそうな感じもするが?

 新人の宮女として最後に出てきた衛子夫ですが,史記の外戚世家では、武帝の最初の皇后は竇漪房の長女・長公主(館陶)の娘で、武帝が即位できたのは母親(長公主)の尽力のおかげだったので、わがままいっぱいで威張っていた。しかし、衛子夫が武帝に寵愛されたのを見て嫉妬し呪詛の術を行ったのが発覚して廃されてしまった。そして衛子夫が皇后になった。彼女の弟は衛青で、彼の甥(衛皇后の姉の子)の霍去病と共に匈奴討伐で有名で、歴史教科書にも載っていますね。 また、王娡の妹も劉啓(景帝)の子を4人生んでいます。母親(ドラマでは碧君)は占いで二人の娘はともに高貴になると出たので、姉妹とも宮中に入れたそうです。やはり史実とドラマはかなり違いますね。

 さて、中国のドラマをまた放映して欲しいものだが、次からは韓国ドラマのようですね。中国ドラマ、できれば紅楼夢の放映をしてくれないかな。


Eurovision Song Contest

来年のユーロビジョン・ソング・コンテストのチケットは11月26日に発売開始になったが,ヨーロッパではかなり人気があるためか、ファイナル本番のチケットは既に完売した。しかし、まだセミファイナルのチケット、ファイナルでもリハーサルのチケットはまだ発売中です。ただ、
When cameras and cranes have been placed and the set design is finalised, more tickets will be available. ということなので、ファイナル本番は追加発売があるのでしょうね。


Eurovision Young Musician

ユーロビジョンのサイトを見ていて、クラシック音楽のコンテストもあるのに気づいた。これはクラシック音楽の若手演奏家が対象で、今年の5月にウィーンで第7回目が開催された。説明によれば、1990年に1回目をウィーンで開催、今年で7回目なので不定期に開催しています。次回については不明。今年の参加者は7名で、まだまだマイナーなコンテストのようです。他にユーロビジョンの名を冠したコンテストは前回紹介したJunior Eurovision Song Contestがあり、更に


The Eurovision Young Dancers

がありました。これは1987年に第1回が開催され、2011年に第5回が開催されている。これも不定期だが、最近は隔年に行うようになったらしく、2013年6月14日にポーランドのグタンスクで開催される。出場資格は16才から21才で、ソロとグループの両方の演技で採点される。

top-class contemporary artistic dance performancesということなので、クラシックバレエは対象外だろう。ヨーロッパ放送連合(EBU)がユーロヒジョンの名前を冠して行うコンテストはこれで4つになります。もしかしたら、もっとあるのかな?


美人心計最終回 ユーロビジョン・コンテスト_e0262209_23574798.png
美人心計最終回 ユーロビジョン・コンテスト_e0262209_2358612.jpg


by show_isa | 2012-12-09 00:05 | culture | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/19330722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ドル高円安に潮目は変わるのか ジュニア・ユーロビジョン・ソン... >>