人気ブログランキング |
<< (雑談)テレビドラマなど 2013年アメリカ経済のリーダ... >>

来年の株式マーケット投資の予測

今回はマーケットウォッチの2013年の予測記事を紹介します。2013はラッキーナンバーで、アメリカ以外の株式市場がアメリカよりも上昇するということです。例によって、端折っているので詳細はオリジナルの記事を読んでください。2013年の投資アイディア10 10 money-making investment ideas for 2013


1. Mega-cap stocks go big
アメリカ大企業は海外の比率が高いから、海外の景気が良くなれば影響が大きい。例えばアップル、エクソンモービル、GE。たとえ、景気後退があっても大企業には抵抗力がある。

2. High-quality companies stay qualified
High-quality とは強い財務基盤、傑出した収益成長性、世界的な事業展開 strong finances, visible earnings growth and a global footprint.例えばPepsiCo Inc. (NYSE:PEP) , IBM Corp. (NYSE:IBM) and Caterpillar Inc. (NYSE:CAT) 成長も考慮するとGoogle Inc. (NASDAQ:GOOG) , Starbucks Inc. (NASDAQ:SBUX) and Gap Inc. (NYSE:GPS)も。

3.Dividend growth pays off
Caterpillar Inc., Novartis AG (NYSE:NVS) , IBM and McDonald’s Corp. (NYSE:MCD)。しかしダメな企業で配当率が良いのには注意。そこで、SPDR S&P Dividend ETF (NAR:SDY) の選択肢もある。

4. Europe goes up

5. China breaks out

6. Go for the gold

7. Real estate builds
Real estate investment trusts have been on a tear(バカ騒ぎ、大好況) 1年で42%上がったファンドもあるとか。狙い目として Brookdale Senior Living Inc. (NYSE:BKD) , Lowe’s Cos. (NYSE:LOW) ,commercial real-estate titans Jones Lang La Salle Inc. (NYSE:JLL) Hyatt Hotels Corp. (NYSE:H) Starwood Hotels & Resorts Worldwide Inc. (NYSE:HOT)

8. Industrials steam ahead
特に機械業界。

9. Technology plugs in
海外の収入が大きいことが来年はメリット。Qualcomm Inc. (NASDAQ:QCOM)やアップルなど。

10. ‘Dogs of the Dow’ have bark and bite
“Dogs of the Dow.”とはダウ平均銘柄Dow Jones Industrial Averageの高配当上位10社を購入する戦略(毎年年初に銘柄を洗い替えて購入)で、過去平均で4%上昇。これは“safety and income at a reasonable price”にぴったりです。年が変わらないと確定しないが12月20日現在ではAT&T Inc.(NYSE:T) , DuPont (NYSE:DD) , Hewlett-Packard Co. (NYSE:HPQ) , Intel Corp. (NASDAQ:INTC) , Johnson & Johnson (NYSE:JNJ) , McDonald's, Merck & Co. Inc. (NYSE:MRK) , Microsoft Corp. (NASDAQ:MSFT) , Pfizer Inc. (NYSE:PFE) and Verizon Communications Inc. (NYSE:VZ)


‘Dogs of the Dow’の方法は日本の株式でも有用な気はしますが、どうでしょうか。実は日本の高配当ETFを持っているが、今のところは、ぱっとしません。


by show_isa | 2012-12-28 20:42 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/19426066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< (雑談)テレビドラマなど 2013年アメリカ経済のリーダ... >>