<< 2012年の8つの大失敗製品 来年の株式マーケット投資の予測 >>

(雑談)テレビドラマなど

このブログは英語をメインにマーケット(金融経済)、カルチャー(テレビドラマ、小説)、コンピュータやインターネットのトピックのつもりだったのですが,振り返って見ると、テレビドラマの話題が多かったように思う。地上波で見ているドラマは「相棒」くらいなものだが、日本テレビの「悪夢ちゃん」は中途から見始めた。タイトルからして子供向きと思ったが良くて最終回まで見続けてしまった。ファンタジー風に見せながら、脚本家のシリアスなメッセージがストレートに伝えられていて、ありふれたドラマが多い中で光っていたが終わってしまった。
BSは「プリティ・リトル・ライアーズ」と「クィーンズ」(中国古代歴史ドラマ)。クィーンズは主人公(皇后)の夫である元皇帝はドラマの中では凡庸にしか見えない。実際、歴史的評価も低いようだ。彼女の夫、子、孫の代と漢はだんだんダメになっていき一旦滅びるのだが、彼女はどう思っていたのだろうか。時代考証がどこまで正確なのか分からないが、この時代の風俗が日本に伝わったのだろうか、見ていて違和感がない。服装が和服風で帯をしていて、髪型(ちょんまげ風)、床の間風に一段高くなった所に主人が座っていて、他の人は床の上に座布団敷いて座っているとか。中国はやがて纒足(宋の時代に広まったらしい)や胡服の影響からか服装が変わっていったようだ。ついでながら、後宮は男子の出入りが美人心計の頃は比較的緩やかだったのが、後漢の頃にはかなり厳しくなったらしい。


ブログのテーマの語学はインセンティブ(刺激)があった方が良いので、受験予定はないのだがTOEICの問題集をやってみようと思っている。


また投資は少ししかやっていないが、そろそろ潮目が変わってきたようでもある(今の所、安部政権はその動きにうまく乗ったようだが)。インフレではジッとしていたら、お金がどんどん目減りしていくのだから、すぐ飛び降りられる(投資をやめる)ように気を配りつつ対策をしていかないと。以前、国際金融取引業務をしていたので、この位は受験しておこうとFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得した。FPをビジネスで利用したことはないが、一通り金融商品のことは知っている。安全で利回りの良い商品などないし(後で結果論としてはあるだろうが)、銀行・証券や保険会社等が勧める商品は、会社の利益になるが消費者の利益になるか疑問のものも多いから気をつけないと。詳しい事は、またこの次に。


では、皆様、良い年をお迎えください。


[PR]
by show_isa | 2012-12-30 18:42 | small talk | Comments(0)
<< 2012年の8つの大失敗製品 来年の株式マーケット投資の予測 >>