人気ブログランキング |
<< 「金融危機後の世界」ジャック・アタリ (雑談)テレビドラマなど >>

2012年の8つの大失敗製品

Marketwatchの記事から、2012年8つの大失敗作品 (The 8 biggest product flops of 2012)を来年になってからでは間が抜けてしまうので、今年のうちに紹介しておきます。
1. Apple Maps  間違いが多すぎるので、とうとうライバルのグーグル地図アプリを認めざるをえなくなょたのは皮肉なことです。
2. Dodge Dart  クライスラーの新車。野球選手などを広告に使って大宣伝したようだが、Chrysler aimed for the fences(フェンス越え、つまりホームランを狙ったのに), the Dart appears to have struck out(三振してしまった).
3.John Carter   この映画はディズニー製作で、ディーライフで毎日大宣伝していたが。アメリカでは大こけして、史上最大の損失を出したと報道されていた。biggest box-office dud(不発弾) ever.
4. Sony Tablet P  知らなかったが、日本でも発売されていたんだ。Vaio Pシリーズの様な形状で折りたためるので携帯には良いのだが,真ん中の折り目で画面が二つに分かれるのが見にくいと不評だったのも売れない原因の一つらしい(下の写真参照)。ノートパソコンのPシリーズは上が画面で下がキーボードだったが、両方とも画面にしたもの。薄くてコンパクトなタブレットなら二つ折りの必要自体ないような気もするが。
5. Nokia Lumia 900  マイクロソフトのウィンドウズモバイルを採用したが、売れないからアプリも増えないという悪循環。とうとうノキアのマーケットシェアは 4.3%に。ノキアの携帯、リサーチ・イン・モーション (RIM)のスマートフォンは過去の栄光になってしまったようだ。
6.Pan Am  ディズニーのテレビドラマで最初は良かったが途中で失速して今年5月に打ちきられた。
7. The Ultrabook インテルがマックブック対抗で出した製品だが、値段が高いこと、タブレットやスマートフォンに押されてだめだった。
8. PlayStation Vita  任天堂のより高価、ゲームのラインアップが貧弱,タブレットやスマートフォンの安いゲームに押されたことが理由。


こうして見ると、ソニーとディズニーが2つも入っている。また、パソコン、携帯、ゲーム専用機から、タブレットやスマートフォンという傾向が出ていますね。

2012年の8つの大失敗製品_e0262209_8351730.jpg

by show_isa | 2012-12-31 08:46 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/19440709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「金融危機後の世界」ジャック・アタリ (雑談)テレビドラマなど >>