人気ブログランキング |
<< 英語で経済)英国の社会保障削減... 王昭君 匈奴に嫁ぐ >>

Tech)クラウド Microsoft Skydriveの使い勝手が良い

整理のためにタイトルの先頭にタグを付けようと思います。そうすれば後で見返す時に分かりやすいので。


私のは10年くらい前のパソコンなので、最新のOS(Windows8やUbuntu12.10)が使えず、Fedora17LXDEバージョンをインストールしている。しかし、エラーメッセージが毎回出てくるので、近日(1月15日)発表のFedora18をインストールしようと思っていた。しかし、最近OSがtainted(汚染)というメッセージも出るので、これはウィルスではなく単なる不具合と思うものの、気持ちが悪い。そこで、既にあるFedora18betaをインストールしてみた。ところが、LibreOfficeのインストールができない。やり直しても失敗する。ベータ版故の不具合かと思うが、LibreOfficeがないと不便なのでやむなくFedora17LXDEを再インストールした。どうも、このエラーメッセージはパソコンが古くて対応できない機能がある為かとも思われる。


それにしても、もう限界だからパソコンを買い換えたい。しかし、今はWindows8が出たばかりでインテルCorei7もまだ高価なので、半年位経って安くなったら買い換えたい。投資でパソコン代を稼げたら良いのだが。
なお、OSインストール時に分かったのはiBus 設定のGUIがFedora18betaでは標準になっていたことだ。Fedora17にもその機能がインストールできるのが分かったので、Yumで追加インストールした。これで設定がしやすくなった。
Onekoというアプリをインストールした。スクリーン上で、マウスポインターを動かすと、ネコが追いかけてきてポインターが止まるとその上で寝てしまう、実用性はないが心が和むアプリだ(分類ではゲームのジャンル)。昔も、こんなアプリがあったのを思い出した。


マイクロソフトのSkydrive
マイクロソフトのSkydriveの使い勝手が良くなったので、これを主に使っている。グーグルでもワードやエクセルの編集をできるが、一旦グーグル独自形式に置換えて編集するので100%互換性があるわけではない。マイクロソフトはLinuxのFireFoxでもマイクロソフトオフィスのファイルの表示編集がができるようにしたので、ありがたい。受け取ったワードのファイルの表示がLibreOfficeでは乱れてしまうのがFireFoxを使用してSkydriveで閲覧するときれいに表示される。OneNoteのページを作成編集できるのもグーグルにない利点だ。MicrosoftOffice ViewerがLinuxにもあればと思っていたが、これならViewerは不要だ。
一応、私が今使えるの無料クラウドはマイクロソフト、グーグル、ヤフー、アマゾンだがアマゾンは使っていないので分からない。それぞれ特長あるようだが、現時点マイクロソフトが一番だろう。ヤフーは共有フォルダーにある複数のファイルを一括してダウンロードできないのが不便だ。一方、ヤフーメールの複数の添付ファイルを一括ダウンロードできるのは便利だがZIPファイに纏めてダウンロードされるので、解凍するとファイル名が文字化けして困る。これは文字コードの違いが原因なので個別にダウンロードするしかない。しかし、ウィンドウズ同士なら問題ないし、大部分の人はウィンドウズだから不便は感じないのだろうが、ZIP圧縮はシフトジス対応なので、Linuxでは使いにくい。

良かったらクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
by show_isa | 2013-01-11 18:54 | computer/Internet | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/19515980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 英語で経済)英国の社会保障削減... 王昭君 匈奴に嫁ぐ >>