人気ブログランキング |
<< Tech)Windows8でウ... 英語で経済)英国の社会保障削減... >>

Tech)バソコンのOSアップグレードしました  Fedora18 LXDE

OSをアップデートしたところ、不具合があり何日か掛かってしまったが、完了したのでレポートします。10年ほど前の古いパソコンなので、WindowsXPをLinux、具体的には Fedora LXDEをインストールして使用している。

LinuxならUbuntuが一般的だろうと思われる向きもあるだろうが、Ubuntuの最新版は古いパソコンでは動かないこともあり、Fedora(RedHatとほぼ同じもの)をインストールしている。1月15日に従来のFedora17からFedora18にバージョンアップしたのでインストールした。ところがインストールが意外に手間取ってしまった。Fedora18はGNOMEが標準なのだが、最初に書いたとおり私のパソコンが古すぎて最新のGNOMEが動作しない。そこで、軽量で古いパソコンでも動くLXDEベースのバージョンをインストールしたので、同じFedora18でもGNOMEとは違いがあるかもしれない。


(1)サイトからISOイメージをダウンロードし、インストールDVD作成した。⇨Fedoraを入手
(2)インストールDVDから、パソコンのハードデスク内容を全て削除しクリーンインストール。正常にインストールできた。
(3)インストール後に、Yum Extenderで更新情報を取得して最新状態にアップデートする。しかし、途中でエラー表示が出てアップデートが止まる。そこで、エラーの出ないものだけを順々にインストールしていくと、全てインストールすることができた。エラーメッセージは「UTF8~」何とかなので、日本語文字コードに関連の問題らしい。英語バージョンで試したところ、一括アップデートでエラーは出なかった。
(4)ボリュームコントロールを調節しても音が出ない。そこで、Yum Extenderで「xfce向けのマルチメディアサポート」のxfce4-mixerをインストールし、これで調節したところ音が出るようになった。自分のパソコンのハードが古くてサポートされていなかったのもしれない。
(5)Google ChromeはGoogleのサイトからダウンロードして簡単にインストールできた。自動的にGoogle Chromeのリポジトリーも登録された。しかし、Google Chromeを起動すると毎回エラーが表示される。使用中の支障はないようだが、気持ちが悪いのでFirefoxを使用することにした。


FirefoxではFlash Playerが無いと警告されるので表示とおりにインストールした筈なのに、Flash Playerが使用できない。Yum Extenderで見るとAdobeのリポジトリーが登録されていたのでYum ExtenderでFlash Playerをインストールしたところ使用できるようになった。
(6)日本語環境はYum ExtenderでJapaneseの語句で検索し、フォント等必要そうなのをインストールしておく。Googleのかな漢字変換 Mozcもある。
(7)LibreOfficeをYum Extenderで一括インストールしようとするとエラー表示が出て途中で止まってしまう。これも(3)と同様に、一つずつインストールすると全部インストールできた。
(8)AdobeのPDF Readerは不具合があり面倒なのでインストールせず、とりあえず標準添付のリーダーを使用することにした。他にインストールしたのは、ファイル操作のKrusader、グラフィックソフトのGIMP、HTMLやプログラム作成用のBluefish。


とりあえず、今の時点では前のバージョンと違い、起動時点でエラーメッセージが出なくなった。ちょっと起動時間が前より長くなったような気がする。Ubuntuのソフトウェアセンターに該当するのがYum Extenderである。ここから必要そうなソフトウェアをインストールする。アップデートがあっても自動的に通知はされないので、定期的にYum Extenderを起動してチェックする必要がある。


良かったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
by show_isa | 2013-01-19 20:19 | computer/Internet | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/19584775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Tech)Windows8でウ... 英語で経済)英国の社会保障削減... >>