人気ブログランキング |
<< Tech)プリンターのインク ... Market)リスクヘッジに活... >>

Market)株価最高値後はどうなる? wherefore art thou?

今日、税務署から「国税還付金振込通知書」が届きました。過去の株の損失からすると雀の涙の金額ですが、振り込まれるとのことです。
アメリカではダウ平均が金融危機前の高値を越えて、新たなバブルか、まだまだ上昇するのか意見が分かれているところです。日本株も大幅上昇しており注目されているようです。私は確定拠出型年金(厚生年金または国民年金の上乗せ加入で公的年金と同様な税金優遇がある)で日経平均連動の投資信託にして、リーマンショック後に大幅な元本割れになってしまいましたが、最近やっとプラスに転じました。


さて、Marketwatchのブログ記事 Japan stocks: Wherefore art thou Tokyo?では、過去にも一旦上昇してからダメになったと半信半疑のようです。
この古風なタイトルは、文中でシェイクスピアのフレーズをもじって、“To buy or not to buy, that is the question.”と引用しているからでしょう。 日本株は‘caveat emptor’(買い手危険負担) or buyer beware(買い手は注意せよ、つまり自己責任でということでしょう),”


また、私が購入したアマゾン株はドルベースで50%値上がりしていますが、同じくMarketwatchの記事、Everyone loves Amazon — is it time to sell? によれば、アマゾンはアメリカ国民から一番評判が良い会社(company with the best reputation among the general public in the U.S)。しかし、アップルの例でも分かるが、人気があると株価も過大評価になる(tend to become overvalued)。Stocks of Admired and Spurned(鼻であしらわれる) Companiesでは、spurned companiesの方が a better betで、2%成績が良いとの結果が出ている。確かに不人気株は実態より低い株価になっている可能生があるでしょう。逆に人気のある会社の株は何かあると(アップルの様に大幅に)下落しやすい。
不人気の会社(rated “Very Poor” or worse)にはAmerican International Group AIG , Goldman Sachs Group GS , Halliburton HAL ,American Airlines owned by AMRなどがある。だからと言って、不人気株を買えば儲かるとはかぎりませんが。個人的にはアマゾンはどうしたら良いのか悩ましいところです。


良かったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
by show_isa | 2013-03-15 20:24 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/19948404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Tech)プリンターのインク ... Market)リスクヘッジに活... >>