<< Eurovision Song... 景気回復かバブル破裂か? >>

portfolio pruningの時期か?

4月2日の株式マーケットは乱高下の一日だった。日経平均は300円以上下がった後に、一旦かなり回復してきたが、結局132円安で引けました。このまま下がれば4日あたりが買い場かもと思うのですが。ここはportfolio pruning(ポートフォリオの剪定)の機会かもしれません。


さて、The world economy's winners and losers in 2013(著者は Nouriel Roubini ニューヨーク大学ビジネススクールの教授)の記事によれば、著者はこの4週間に世界を回ってみたところ、世界でアメリカが一番順調(住宅市況の回復、シェールガス、競争力の回復、積極的なQE(量的緩和))、次がAbenomicsの日本とのこと。これって他(EU BRICS)が悪すぎるから相対的に安定している日本の名前があげられたのか。手放しで礼賛されている訳ではなく、懸念材料もあげられています。他にはBRICS(国家資本主義の国)よりもアジア( Malaysia, the Philippines, and Indonesia)やラテンアメリカ(Chile, Colombia, and Peru)の方が良いとのこと。


良かったらクリックしてください。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-04-03 00:26 | market | Comments(0)
<< Eurovision Song... 景気回復かバブル破裂か? >>