人気ブログランキング |
<< 友達でもないのにファーストネー... Abenomics >>

Halloween Indicator -株は11月に買って5月に売れ

相場の格言(adage)にsell in May and go away がある。もっと詳しく言うと、Helloweenの時に買って( the last day of October)MayDay(the end of April the following year)の時に売るのが良いのが経験的に知られている。こういったアノマリィは皆が実行すれば消失してしまうが、これは昔から知られていて、今でも有効だそうだ。必ずそうなるとは限らないが、今年もそうした方が良いかもしれないといった趣旨をWhy it pays to sell in MayCommentary: Be ready to sell at the first sign of market weaknessのタイトルでMark HulbertがMarketWatchに書いている。このアノマリィはHalloween Indicatorとも言われる。この記事にはないので、別なサイト(www.online-stock-trading-guide.com)からグラフを引用します。

これを見ると、はっきり違いが分かりますね。このグラフにあるS&P500だけでなく世界各国のマーケットでも同様の現象が確認されているそうです。しかもこの傾向はむしろ、だんだん大きくなってきている。そしてこのアノマリィは manufacturing and productionではっきりしていて、 “almost absent” in sectors such as consumer goods, financial services, technology and telecommunications とのことです。だから前者のセクターで実行し、夏に買うのは後者のセクターにすれば良い。そしてセクター別に投資するのはETFを購入するのが簡単安上がりとのこと。

良かったらクリックしてください。

人気ブログランキングへ
by show_isa | 2013-04-06 15:09 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/20095748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 友達でもないのにファーストネー... Abenomics >>