<< ブログ再開します Halloween Indic... >>

友達でもないのにファーストネームで呼ばれるのは?

 今日は言葉の話。
日本語は主語を言わないのが他の言語とは違うというのが、敬語と共に言われる日本語特殊論である。英語やドイツ語と比べるとそうなのだが、他の言語は必ずしもそうではない。スペイン語やイタリア語では主語、人称代名詞が省略されるのは珍しくないそうだ。理由の一つには動詞の人称変化で人称代名詞がなくても分かるからとのことだ。英語やフランス語では動詞の活用だけでは必ずしも人称が分からないものね。省力化されるのは文法でも同じ。他の点でも、日本語特殊論が現代英語と比較してだけだったする。日本で、姓ではなく地名(居住地や領地)で呼んだりするが、英国でも上流階級は同様に地名で呼んでいたようだ。


同じ英語国とは言っても、英国と米国では感性が違うようだ。以前ファイナンシャルタイムズのコラムで、娘が就活で自己PRを書いてたのを見て、慎みがないと思ったが、娘に今はこれが当たり前と言われたと書いてあった。要はアメリカナイズされてしまったということか。それとはちょっと違うが、
Why first names are just for friends
From Starbucks to cold-callers, people seem to think they can use your first name when they don't even know you. It's wrong
ガーディアンのコラム記事(ブログ)で、筆者はKatharine Whitehorn。 英米では学生でも先生をファーストネームで呼ぶものと思われているが、英国人は友達以外からファーストネーム(Christian name)で呼ばれるのは違和感があるよううだ。570もコメントが付いているから皆感じていることか。スターバックスではカップにファーストネームが書いてあり、スタッフがファーストネームで呼ぶそうだ。これが嫌でわざと嘘の名前を言う人もいるとか。コールセンターの人間にファーストネームで呼ばれたくないとも書いている。we still have surnames for strangers and first names for friends. 医師はDoctorと呼ばれるのを期待しているし、親戚のおじさんは親戚の子供をファーストネームで呼んでも、子供から"Thanks Johnny"とは言われたくない。筆者(女性)は部下、特に男性からファーストネームで呼ばれると見下された、 "Now little lady" のring(響き)を感じるそうだ。


Caroline Kennedy: is JFK's daughter cut out to be US ambassador to Japan?
これはGuardian無署名のコラム記事。アメリカのマスコミでCaroline Kennedyの日本大使就任について取り上げられているのは周知のところですが、イギリスのニュースサイトでも取り上げられた。ケネディ神話は強い。 cut out to be... に必要な資質・能力を持っている
彼女の口癖 verbal tic of repeating the words は"you know"で、30分間のインタービューで168回言ったとか。


下の写真は本題とは無関係だが、前回掲載できなかったユーロビジョンソングコンテストのテーマデザイン(EBU提供)

良かったらクリックしてください。
e0262209_21114695.jpg

[PR]
by show_isa | 2013-04-10 21:23 | English | Comments(0)
<< ブログ再開します Halloween Indic... >>