人気ブログランキング |
<< What Soldiers D... 6月のマーケットは512円の下... >>

スマートフォンを低コストで利用する

ケータイやスマホに金がかかるから、本が売れなくなったとも言われるが、ショップに薦めるがままに家族のスマホ代を払っていたら大変だ。だからケータイとスマホの2台持ちで通信費節約ワザというのも良く取り上げられる。ところが最近、月額1000円程度のランニングコストでスマホが使用できるようになった。メールと電話が主な目的でインターネット接続はWiFiを利用する人に向いているので、トライしてみた。


通信サービスはDTIのServersMan SIM 3G 100を選択した。DTIがNTTドコモから回線を借りて提供するサービスで実際に使用するのはドコモの3G回線だ。月額料金は490円と低コストだが、その代わり通信速度は100kbpsと低速でインターネット閲覧には向かないが、メールには使える。インターネット閲覧をしたい場合はオプションの高速通信を追加購入するか、WiFiを利用する。電話はオプションのIP電話ServerMan 050とSMSを月額465円で契約した。電話料は従量制だが、携帯各社よりも安い。固定電話や携帯電話からの受信も勿論できて、これで月額合計955円。
ドコモと契約しないので、スマホの機種は富士通の ARROWS Me F-11D 3.7インチディスプレイ Android4.0の新品(SIMフリー)をアマゾンから1万円で購入(下の写真)。2012年8月の販売でほとんどの機能があるのに安いのは、CPUがシングルコアだからだろうか。RAMは1GBあり、通常の使用には問題ない。DTIから送付されたmicroSIMをスマホの裏蓋を外しバッテリを取り出してソケットに取り付けるのは簡単だ。後はマニュアルに従って設定を入力すれば使用できる。ドコモの説明にはSIMロック解除作業がドコモショップで必要かのような記載があるが不要だった。前にドコモで使用した機種を他の通信業者に乗り換える場合は必要なのかもしれない。
今のところ、問題なく使用できている。WiFiを使用しているとバッテリが1日持たないが、これは他のスマホでも同じだろう。

まとめると、初期費用が機種代+DTIの初期費用計 13150円
月額費用は 3G回線490円+IP電話315円+SMS150円の計955円+電話の従量代金(固定電話 8.4円/1分 ケータイ16.8円/1分) 残念ながら現時点では、IP電話からの110番 119番通報ができない。
※3Gの通信速度は100Kと遅いためアプリのインストール・アップデートにはWiFi(無線LAN)が必須だから、自宅・職場などでWiFiが使えない人には向かないだろう。
※SMS(ショートメッセージサービス)はバッテリの持ちを良くする為に付けた。電話受信を監視するためにアプリが常駐するとバッテリが消耗する(セルスタンバイ問題と言われる現象。詳しいことはセルスタンバイで検索してください)。バッテリ消費ゼロモードで電話がかかった時だけアプリが起動するようにするにはSMSが必要なため、オプションで付けた。
※他にもドコモの回線(3G LTE)を借りてサービスを提供する会社(MVNO業者)が何社かある。家族のスマホにはNTTコミュニケーションのOCNモバイルエントリーdLTEを入れてみた。これはDTIより高速なので月額980円(IP電話は別途315円)するが、1日30MBまでは速度制限なし、以降は200Kで接続なのでWiFiがなくてもインターネット閲覧がある程度できる。

スマートフォンを低コストで利用する_e0262209_20543810.png

良かったら下のマークをクリックお願いします

人気ブログランキングへ
by show_isa | 2013-06-03 21:07 | computer/Internet | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/20598810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< What Soldiers D... 6月のマーケットは512円の下... >>