<< 6月4日(火) マーケットは値... スマートフォンを低コストで利用する >>

What Soldiers Do: Sex and the American GI in World War II France

過去の戦争で略奪や暴行が行われてきたのは歴史の事実ですが、大阪市長の発言は容認できるものではないでしょう。それはさておき、第二次大戦後にアメリカ兵はフランスでも暴行・略奪をしていた点について、偶然にもドイツ シュピーゲル誌のサイトに記事が掲載されたので、一部を紹介します。
'Bandits in Uniform': The Dark Side of GIs in Liberated France


第2時大戦の米国兵は honorable citizen warriors from the "Greatest Generation." として一般に捉えられているが、新刊書"What Soldiers Do: Sex and the American GI in World War II France."で、開放後のフランスでのGIのダークサイド、robbing, raping and whoring(買春) were rifeが明かにされた。米兵はフランスはフリーセックス、人前でセックスしても構わない国だと思っていたようだ。
By the late summer of 1944, large numbers of women in Normandy were complaining about rapes by US soldiers. Fear spread among the population, as did a bitter joke: "Our men had to disguise themselves under the Germans. But when the Americans came, we had to hide the women."


"a veritable(正真正銘の) tsunami of male lust(性欲)" over France
兵士は多くの戦争で強姦をしてきたが、アメリカ兵はこれらの例から、ほとんど除外され、長い間アメリカとフランスでタブー視されてきた。
American propaganda did not sell the war to soldiers as a struggle for freedom,...but as a "sexual adventure." France was "a tremendous brothel," ....
(フランスの)The mayor suggested that the Americans set up a brothel outside the city so that the sexual activity would be discrete and the spread of sexually transmitted diseases could be combated(病気を防ぐ) by medical personnel.
しかし、アメリカ軍は兵士の妻に soldiers' promiscuity(乱れた性関係)が知られることを恐れてbrothelを設置しなかった。
Sexual assaults were commonplace in Marseilles. In Rouen, a soldier forced his way into a house, held up his weapon and demanded sex.



良かったら下をクリックお願いします

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-06-04 20:55 | English | Comments(0)
<< 6月4日(火) マーケットは値... スマートフォンを低コストで利用する >>