<< 二人の王女(太平公主秘史)の最終回 6月17日 日経平均13000... >>

6月第4週(17〜21日) 日経平均13230円


17日の週は上昇、下降の繰り返しで一週間では543円上昇の13230円で終わった。13000円付近で底固い。円安に変わってきたのも上昇要因の一つだろう。6月24日の週は大きな波乱要因が無ければ、円安傾向が続けば上昇で終わるだろう。アメリカの量的緩和QE3からの出口戦略も株価に反映されてきているし、後は実際に実行された場合にどうなるかだ。株が一時的に下がっても、景気回復が確かなら株価は上がるし、景気回復が弱ければ次のQE4があるから、どちらでも買い場かもしれない。しかし、アメリカもデフレの恐れがあるという説があり、予期どおりになるかは分からない。


6月3周目に日本の株式は全て売却して、保有株はアマゾンだけになったので、気楽名な代わり、真剣味に欠けてしまうな。 また何か株を選択しないと。

良かったらクリックお願いします。




人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-06-22 20:33 | market | Comments(0)
<< 二人の王女(太平公主秘史)の最終回 6月17日 日経平均13000... >>