人気ブログランキング |
<< 10月18日(金)日経平均14... 10月11日(金)日経平均14... >>

Windows8.1へアップデート

  

10月18日からWindows ストアからダウンロードが可能となったWindows8.1Proへのアップデートを行った。インストールは2回ほど再起動が必要で、遅いマシンのためもあり、ダウンロードも含めるとかなり時間がかかってしまった。
私のマシンはWindowsXPのネットブック - MPUがAtom,メインメモリ2G(増設済),10インチディスプレイ(解像度1024×600)- をWin8とLinuxのデュアルブートにしたもの。主にLinuxで使用しているが、稀に必要な時もありWindowsも残している。解像度が低くタッチパネルでもないPCにはWindowsUI(タイル画面)は不要でしかない。デスクトップ画面しか使わないユーザにとって、今回、デスクトップ画面左下にスタートボタン(Windowsアイコン)が追加されて使い勝手が良くなったのは大変助かる。

Windows8.1へアップデート_e0262209_17214118.png
◎上図の様に、スタートボタンの右クリックでシャットダウンが表示される
◎Windowsアイコン(またはキーボードのWindowsキー)でデスクトップ画面とアプリ選択画面の切り替えができる
◎起動後、直接デスクトップ画面を表示できるようにするには
Windows8.1へアップデート_e0262209_1724258.png
上図の様にデスクトップ画面で右クリックして、「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」を出し、「ナビゲーション」タブで「スタート画面ではなくデスクトップに移動する」に設定する
なお、設定の変更は画面右のチャームの「設定」から「PC設定の変更」を選択して行う。
※標準ではタスクバーは画面下だが、私は画面左に設定している。画面が狭い為、画面の一番下もアプリで使用する必要があるので(自動的に隠れる設定でも)タスクバーが邪魔になるからだ。

まだの方は時間の余裕がある時にアップデートされることをお勧めします。


良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
by show_isa | 2013-10-19 17:30 | computer/Internet | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/21215870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 10月18日(金)日経平均14... 10月11日(金)日経平均14... >>