人気ブログランキング |
<< 英語)OEDが選んだ「今年の新... バブルかもしれない投資10 >>

Fedora 19から20へのバージョンアップ・リリースが12月10日に

 私のデスクトップパソコンのOSはFedora19だが、20へのバージョンアップ・リリースが12月10日(時差で日本では11日)になった。 以前に12月3日とアナウンスされたが、今日サイトを確認したら一週間延期して12月10日になっていた。 リリースが恒例として火曜なのは、祝日などと重ならないようにするためだそうだ。
 ところで、OSのバージョンアップは上書きではなく、クリーンインストールにしている。一つには、ウィルススキャンにかからないマルウェアなどがあるのを心配してのことだ。 データは外付けHDやUSBに保存しているが、アプリケーションは再インストールせねばならず面倒だが、セキュリティには代えられない。 もう一つの理由は使いつづけていると不要なゴミファイルなどが溜まって効率が悪くなっている気がするからだ。

最近使用している便利なアプリケーションを紹介しておきます。
Master PDF Editor
  PDFの編集ソフトで機能も豊富そうだ。コメントの挿入もできるし、閲覧ソフトの代用にもなる。 私の主な使用法は文章を読みながら、必要箇所にメモを挿入したり、マーカーやアンダーラインを引いたりすることで、なかなか便利だ。メニューは日本語に設定できるのだが、マニュアルが英語版しかないのが残念。サイトからダウンロードできる。なお、Linux版は無料だが、ウィンドウズ版は有料である。

Fedora 19から20へのバージョンアップ・リリースが12月10日に_e0262209_22560715.png

良かったら、下の画像のクリックをお願いします。


by show_isa | 2013-11-20 21:11 | computer/Internet | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/21345212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 英語)OEDが選んだ「今年の新... バブルかもしれない投資10 >>