<< 12月第3週の日経平均 158... LinuxパソコンはWindo... >>

リナックス Fedora 20 betaを試してみて (補足)

  Fedora 20のリリースは明日の予定だが、ベータ版をインストールして試してみている。その外観は上図のように現行と変わりないが、新規のアプリ"ソフトウェア"が増えた(上図の1段目の左から2番目)。これで、アプリのインストールがビギナーにも容易になった。
  マイクロソフト・ウィンドウズと違いリナックスは、様々なデスクトップ環境(ユーザーインターフェース)を選択できる。Fedoraも下記リストの様に、標準のGNOME3以外にも選択できる。コマンドラインで、例えば yum groupinstall lxde-desktop と入力してインストールできる。複数の環境をインストールして、起動画面で選択できる。
実際にLXDEのインストールコマンドを実行するとsshkのバージョンが合わないとのエラーメッセージが表示されたので、yum groupinstall --skip -broken lxde-desktop と入力してインストールした。
標準のGNOME3の他に、もっと機能豊富でルックスも良いデスクトップ環境もあるが、その分の機能・使用法を習得する必要がある。私はアプリが使えれば良いので、簡潔ですっきりしているLXDEを通常のデスクトップ環境にしようかと思っている。

かな漢字変換に使用する"ibus"がGNOME3以外の環境では使えなかった。後でリリースノートを読むと、GNOME3以外ではコマンドラインで"ibus-setup"と入力するとの記載があった。それで、ibusとanthyが従来の様に使用できたが、電源を入れる度にコマンドを入力する必要がある。これは、ibusのバージョンが1.4から1.5にアップした際に仕様を変更されたからとのことだ。しかし、GNOME3でも設定が従来の様にはできないようだ。もともとibusは日本語専用のアプリではないからだろうが、日本語使用者にとっては改悪でしかないだろう。

端末(ターミナル)はコマンドライン入力が必要な際に使用するアプリ。フォントが小さいと見にくいので、最近は"Konsole"を使用している。下図の様にフォントの大きさや背景色を設定できる。私はフォント・サイズを12、背景色はクリーム色に設定している。このアプリはデスクトップ環境KDE専用のものだが、他のデスクトップ環境でも使用できる。



良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-17 18:44 | computer/Internet | Comments(0)
<< 12月第3週の日経平均 158... LinuxパソコンはWindo... >>