<< 大納会の日経平均 16291円... リナックス Fedora 20... >>

12月第3週の日経平均 15870円(前週末15403円) FRBの金融緩和縮小で大幅高

今週はFRBの金融緩和縮小につきるでしょう。多少の金融緩和縮小はあっても低金利政策は継続されるという安心感とアメリカ経済への信頼感から、アメリカ株価は上昇、さらに円安拡大もあり日本の株価も高値更新しました。

今週のリザルトは、国内上場
高配当ETF 18150円(前週末17990円 )
REIT-ETF 1528円(1525円)
MX225ETF 16240円(15790円)
オーストラリアREIT ETF 1238円(1218円)

海外上場
アマゾン $402($384)
バンガード・エマージングマーケッツETF $40($40)
iShared MSCI Poland capped ETF $29($30) 

Amazonは初の400ドル越えとなりました。さて、今週は三井物産(1400円)、ビューティ花壇(335円)、ABF汎アジア債券インデックス・ファンドを新規購入しました。
アジア国債・公債ETF(正式名称:ABF汎アジア債券インデックス・ファンド)は、東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)のイニシアティブのもとに設定され、東証と香港証取に上場されている債券型ETFで、中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの現地通貨建ての国債および公債に投資されています。中国の元建て国債に間接的に投資できるところが特長(全体の20%が中国、15%が香港)。金融緩和縮小に伴い債券は下落リスクありますが、円安もあるのでトータルでどうなるかですね。

下表は12月第3週の日経平均のグラフです。
Nikkei Index

良かったら下のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-22 00:37 | market | Comments(0)
<< 大納会の日経平均 16291円... リナックス Fedora 20... >>