<< 謹賀新年!! 大晦日の海外マー... 大納会の日経平均 16291円... >>

Fedora 20 を使用して

Free OSのLinuxであるFedora の最新バージョン20を使ってみた感想です。
Fedoraのユーザはサーバーやソフト開発の方が多くて、普通のパソコンユーザの多くはUbuntuを利用しているかもしれません。Fedoraは自分で設定する手間が多少あるのが普通のユーザにはデメリットでしょう。私がFedoraを使用するのは古いパソコンでも動くからでした。

今回のバージョンアップ、普通のユーザにとっては、つぎ点が大きな変更でしょうか。しかし、かな漢字変換についての変更はデメリットでしかありません。

・「ソフトウェア」-Ubuntuの「ソフトウェアセンター」に似たソフトが標準で付いて、ソフトのインストール・削除が楽になった(上図参照)。
・かな漢字変換機能が、GNOME以外のデスクトップ環境では有効でない。
※GNOMEでは、かな漢字変換の変更は、キーボードレイアウトの設定で行う
※リリースノートに「ibus は、GNOME でないデスクトップ環境において、ウインドウごとの入力メソッドエンジンをサポートするようになりました。ibus-setup で有効にできます」とあるように、起動の度に端末からibus-setupと入力しないと、かな漢字変換が使用できなくなってしまった。
※なおGNOME以外の環境でかな漢字変換が動作しない時は、端末から次のコマンドを入力します。
  export GTK_IM_MODULE=ibus
  export XMODIFIERS=@im=ibus
  export QT_IM_MODULE=ibus

デスクトップ環境は標準のGNOME3以外にも各種あるが、画面がWindowsXPに似ていて、古いパソコンでも軽快に動く軽量のLXDEをインストールしました。インストール方法は、
「Fedora 20 の標準のデスクトップ環境は GNOME3 です。これはハードウェア・アクセラレーションで最良のパフォーマンスを発揮します。他のデスクトップは、より古いグラフィックハードウェアを持つユーザーや、LLVMpipe で不十分なパフォーマンスとなるユーザーのために推奨されます。デスクトップ環境は、既存のインストール環境に追加でき、ログイン時に選択できます。利用可能なデスクトップを一覧表示するには、yum grouplist コマンドを使用します」
    yum grouplist -v hidden | grep desktop
次に希望するグループをインストール。 LXDEなら
    yum groupinstall lxde-desktop と端末から入力します。

<私の追加インストール・ソフトウェア>
日本語フォントはIPAフォント等必要なものを追加する(「ソフトウェア」から選択)
Adobe flash Player
COMOD(ウィルスソフト。 ホームページを検索してインストール)
Master PDF Editor(ホームページを検索してインストール)
KeePass2
Krusader
GIMP
EasyTag
BleachBit
Konsole
Bluefish
7z
Brasero
yum extender
ソフトウェアの更新(GNOME Package Updater)
パッケージ(GNOME Package Installer)
Asunder CD Ripper
Gparted
Tomboy



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2013-12-31 18:29 | computer/Internet | Comments(0)
<< 謹賀新年!! 大晦日の海外マー... 大納会の日経平均 16291円... >>