<< 1月31日の日経平均は1491... 長期投資戦略2014 新興国は... >>

1月24日 日経平均は15391円 S&P500は1790と大幅下落: 再びゴルディロックスの呪い? 

1月24日(金)は日経平均が15391円(先週末15734円))と一週間で343円の下落、S&P5000は同じく49円の下落で終了した。大幅下落と大幅上昇を繰り返している日経平均だが、今回はアルゼンチンなどの新興国不安が直接の引き金。
今年は「世界的に景気が拡大しながら、金融緩和的な状態も共存する『ゴルディロックス(適温経済)』と言われている。この言葉の由来はイギリスの民話「3匹のくま」で、クマの家に入り込んだ女の子(Goldilocks)が、熱すぎず冷たすぎずちょうどいい温度のスープや、堅すぎず柔らかすぎずちょうどいいベッドを選ぶというストーリーから来ている。 さて、2007年もゴルディロックスと言われ、4月にNYダウが市場最高値となり、ヘッジファンド・マネージャー200人は、日本経済の「回復は本物だ」と見ていた。 しかし、その後サブプライム問題でノーザン・ロックが破綻し、2008年にリーマン・ブラザーズが破綻したのはご存知の通りだ。
当時の記事では『しかし何よりも心配なのはむしろ、クマとはちあわせしても「ゴルディロックス」は絶対に無事だと、あまりにみんなが確信していることだ。...しかしみんながそう思っているというのは「悪い兆候かもしれない」』(2007年1月18日のFT)。
はたして、今年も、「ゴルディロックス」は呪いの言葉(悪い兆候)となってしまうのだろうか。

<国内のリザルト>

高配当ETF 18350円(先週末18760円)
REIT-ETF 1571円(1593円)
MX225ETF 15680円(16030円)
オーストラリアREITETF 1228円(1251円)
アジア債券ETF 12370円(12620円)
マザーズETN 11450円(11040円)
今週唯一の上昇はマザーズETN。ETNは対象となるマザーズ指数の銘柄を現物保有しないので、償還価額と対象指標の間のずれ(トラッキングエラー)は発生しない理屈なのに、23日、24日で、マザーズ指数は▼1.92%,△6.44%、マザーズETNは▼4.91%,△3.71%と この2日間の値動きが乖離している。

三井物産 1445円(1479円)
ビューティ花壇 360円(363円)
JX    531円(550円)
三菱UFJ 660円(679円)
ANA 227円(233円)

私は24日午後に日経平均リバースETFを若干手当てしておきました。日経平均先物は15020円なので、1月27日(月)も日経平均は続落と予想されます。ところで、SBI証券経由のETF人気ランキングの1位は日経平均レバレッジ・インデックスですが、8位は日経平均インバース・インデックスでした。

下図は日経平均の週間チャート

<海外のリザルト>

今週はS&P500 1790(先週末1839)

アマゾン $388($400)
エマージングETF $38($39)
Poland ETF $28($29)
Europa ETF $57(同 $59)
AfricaETF $30($31)

下図はS&P500の週間チャート



良かったら下のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by show_isa | 2014-01-26 19:23 | market | Comments(0)
<< 1月31日の日経平均は1491... 長期投資戦略2014 新興国は... >>