人気ブログランキング |
<< ユーロビジョン・ソング・コンテ... ユーロビジョン・ソング・コンテ... >>

5月7日 日経平均は424円の大幅下落も14000円は割らず

今日は、日経平均が14000円割れになったら、買いに入ろうかと思いましたが、終値14033円で踏みとどまってしまいました。明日どうなるかは今日のNYマーケットしだいですね。恐らく上昇すると思いますが。
 さて、目新しい成長戦略がないまま、日銀の追加量的緩和もなければ、7月頃には日経平均は13000円前半まで下落するとも言われています。日本株より海外の株や債券の方が安全かもしれませんが、アメリカ株も既にバブルと言われているので迷うところです。
人手不足によるパートタイマーの賃上げや正社員化や物価上昇があり、景気回復かと思われる面も確かにありますが、物価2%上昇は達成されても、その反面、洗剤成長率が低いまま国債利回り上昇すなわち国債暴落が始まって、いよいよ日本の財政破綻が現実化する懸念があります。日銀が金利を永遠に低いままに押さえられるのでしょうか。



良かったら下のクリックお願いします。

by show_isa | 2014-05-07 19:06 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/21970127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ユーロビジョン・ソング・コンテ... ユーロビジョン・ソング・コンテ... >>