<< ネット取引のセキュリティ対策は... ボラティリティ指数上昇の意味は... >>

8月1日の日経平均は15458円、S&Pは1925と下落で終る



上図は月間の日経平均です。

7月最後の週の日経平均は順調に上昇してきたのですが、海外マーケットの下落を受けてか8月1日は下落となりました。先物は15460円なので、週明けは小幅な動きで始まるのでしょうか。日経平均ボラティリティ指数がこの数日間上昇しているのが気になります。

私が7月17日に購入した(2030)VIX短期先物指数ETNは既に15%の上昇となっています。日経平均のボラティリティ指数は急上昇したため購入できませんでした。

実際に売買しているNISA口座のリザルトは下記の通りで、三菱UFJ以外は順調です。

S&P500は8月1日終値が1925と大幅な下落の週となりました。下図は月間のS&P500です。



外国株のリザルトは悪化しています。ヨーロッパ株主体なので見通しを誤ったとしか言いようがありません。アジア株にすべきでした。


良かったら下のクリックお願いします。


[PR]
by show_isa | 2014-08-02 22:03 | market | Comments(0)
<< ネット取引のセキュリティ対策は... ボラティリティ指数上昇の意味は... >>