人気ブログランキング |
<< 流動性(換金性)に難点あるET... ブログのタイトルを「長期的な国... >>

アップル決済のインパクトは大きい

以前にプロフィールにも書いた通り、ケルトに興味があり、その末裔とされるスコットランドにも関心を持っています。スコットランドは南部のイングランドに比べ土地が肥沃でなく人口も少ない上に、有能で強力な君主が少なかったこともあり、イングランドに劣勢でした。しかし、イングランドに対する対抗意識は大きいものがありますね。今回の投票では、独立反対で決まるとは思っていますが。

さて、アップルの新機種発表、ハード面よりも、私はインパクトとしてはApple Payが大きいと思っています。この決済サービスでアップルは多額の決済手数料収入を獲得できるのでしょう。これでクレジットカードの利用が拡大すれば、クレジットカード会社も恩恵を受けるので、American Expressなどが有望な投資先かと思いますが、どうなんでしょうか。



by show_isa | 2014-09-19 09:02 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/22399669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 流動性(換金性)に難点あるET... ブログのタイトルを「長期的な国... >>