<< 「勝ち切る投資」(中原圭介著)を読む アップル決済のインパクトは大きい >>

流動性(換金性)に難点あるETFも多いように感じます

ETFは通常の投資信託よりも手数料率が低いので長期投資にも向いているのですが、人気がないからなのか売買高が少なく、そのために値付けに問題のあるETFもあるようです。
「金融株を除くTOPIX連動型」(1585・1596)を購入しようと思ったのだが、月間売買高代金が100万円程度と出来たかが少ないので、少しの売買で価格が上下しやすいそうで、購入は当面見送りにしました。
また、海外進出企業ということで、「アジア関連日本株指数」(1562)を考えたが、これも出来高が少なくて、いざという時に売却できるのか不安で見送りにしました。
アメリカでは日本と桁違いに多くのETFが発売されているのですが。




[PR]
by show_isa | 2014-09-22 21:36 | market | Comments(0)
<< 「勝ち切る投資」(中原圭介著)を読む アップル決済のインパクトは大きい >>