人気ブログランキング |
<< 1月10日時点の投資の考え 今年も残り僅かですね >>

Happy New Year

今年もよろしくお願いします。
今日(1月6日)の日経平均は大きく下げましたね。原油やギリシアの問題だけでなく、エボラ熱も終息したわけではなく、アフリカ、中東でのイスラム原理主義の動き等不安定要因もあります。アメリカも一本調子で株価上昇とは思えません。株価が下落するのを辛抱強く待って拾っていくようにしたいと思っています。
さて、アメリカ経済の回復とアベノミクスで日米とも株価は上昇すると予測されていますが、そういう時が危ないもの。リーマンショック前もゴルディロックス(Goldilocks ほどよい加減の状態の経済)とされていたものです。

国内では「日本の景気後退」があまり話題にならないようですが、海外では、「昨年夏からの原油下落は中国、日本、ユーロゾーンの景気減速によるものと証券市場は見ている」(Guardian)とか。また、2014年は日経平均が7.1%しか上昇しなかったのに円は14.1%下落で、海外投資家には災難の年であり(ドルベースでiShares MSCI Japan ETF は 6.2%のマイナス)、黒田日銀総裁と安倍首相に対しても海外投資家の我慢は限界に来ている(Is Japan’s Kuroda Reckless?, Barrons)そうです。日本の株式マーケットは日本の個人投資家より海外投資家のシェアの方が高いので、気がかりな記事ですね。
「日本に関しては、追加の財政・金融刺激策や消費再増税の延期ではリセッション回避に不十分で、日経平均は横ばいとなるとの見方を示し、衝撃と畏怖は日本でもはや通用しない」(ウィーン氏10大予想:米株4年連続上昇、日本はリセッション , Bloomberg)という見解もあります。私自身のアベノミクス(リフレ政策)についての考えは、別の機会に書きたいと思います。




人気ブログランキングへ
by show_isa | 2015-01-06 17:28 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/22707665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 1月10日時点の投資の考え 今年も残り僅かですね >>