人気ブログランキング |
<< SBI証券の「NISA口座管理... 気になるニュース・コメントから... >>

1月15日のニュース 追補版

◎中国の航空会社は燃料の先物予約していなかった
前回のブログで大手の航空会社は燃料の先物予約をしており、航空運賃が原油価格下落をすぐに反映するのは期待できないとの記事を紹介しましたが、中国の航空会社は燃料の先物予約をしていないとバロンズの記事にあります。
China Airlines Rally On Oil Rout, Daiwa Calls The Stop
そこで、中国の航空会社の株価は燃料価格にそのまま反比例して大幅に上昇しているそうです。

ところで、楽天証券、マネックス証券では「バロンズ拾い読み」を提供しているので、ユーザーの方は投資週刊誌Barron'sはご存じかと思います。これはタイトルどおりバロンズの抄訳で毎週火曜日に掲載されます 。しかし、もっと早く読みたい方は有料ですがバロンズ電子版でオリジナルの記事を週末にはインターネットで読めます。バロンズは、昨年後半にネットでバロンズアジア版をオープンしましたが、トライアル中だからということか、現時点ではアジアエディションは無料で試読できます。

◎さて、ショッキングなニュースが続いた1日でした。インド中銀が政策金利(レポ金利)の8bp引き下げでインド株式はセンセックス指数が2.7%高。スイス中銀はスイスフランの上限撤廃し、金利もマイナス0.25から 0.75%に引き下げ。このため、スイスフランは対ユーロで一時は30%も上昇、スイス株式市場は大幅な下げとなっている。もうスイスフラン高を防げないと判断したのでしょうか。

日本円はスイスフランと並び安全な避難通貨と呼ばれ、リスクオフ時は円高となりますがが、この理由の一つは円は通貨マーケットでの取引量がドル、ユーロの次に多いためと言われています。他の通貨、例えばオーストラリアドル等はマーケットが小さいため大量の資金が流入すると相場が乱高下してしまうため、現実的には日本円が一時的な避難先となるというのです。
しかし、中国の人民元は取引高は大躍進しているそうであるプラットフォーム世界5位とのこと。2020年ころには日本と肩を並べて、ひょっとしたら、人民元が安全な避難通貨と言われているかもしれません。




人気ブログランキングへ
by show_isa | 2015-01-15 23:26 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/22731351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< SBI証券の「NISA口座管理... 気になるニュース・コメントから... >>