人気ブログランキング |
<< 現代中国経済入門(東京大学出版... 私の外国株投資 >>

新型コロナウィルス Covid-19

新型コロナウィルス Covid-19


今日3月1日のテレビで、日本は世界一流の医療水準なのに、pcr検査が韓国の様になぜできないと言う人がいました。しかし、日本が世界で一流という幻想は捨てて、現実を見たた方が良いのでは。日本すばらしいですねという自賛テレビ番組が多いのはむしろ、日本が駄目になった証拠のようなものではないかと感じています。The Global Health Security Indexという指標があり、日本はスコアが59.8、195国中、21位。韓国はスコアが70.2、9位。ちなみに韓国は一流評価(most prepared) 、日本は二流評価(more prepared)。一流評価は西欧各国が多く、1位は米国、2位は英国です。なお、アジアではタイ(6位)、マレーシア(18位)。現政権の7年間で、金儲けにならない基礎的な部分を削減してきた結果ではないでしょうか。また、病院の待合室での感染が多いという懸念から、感染が疑われる場合は家庭訪問でウィルステストを行う方が良く、英国ウェールズ地方では疑いある95%は自宅で検査行われているとのことです。
(以上はドイツの一流週刊誌シュピーゲルの電子版記事The Coronavirus in Europe 'We're Not Prepared at All' を参考にさせていただいています。)


かって、2008年危機の前、既にサブプライムローンの問題点が指摘されていた。しかし、訳知り顔の専門家はサブプライムローンが全体に占める比率は低いから心配ないと言っていました。しかし、どれにどれだけ、サブプライムローンが入っているか分からないという不安が金融危機を増幅させたのでした。新型コロナウィルスも実態分からず不安が不安を呼ぶ状況になっています。


私の所有銘柄も軒並み下落していますが、Vanguard Short-Term Treasury ETF (VGSH)だけは例外的に大きく上昇しています。
今年高値から、TOPIXは13%下落に対し東証2部株価指数は20%下落です。この差の理由の一つは日銀と年金の買い支えがTOPIXに入っているからでしょうか。私は基本的に損切りはしない方針なので、落ちたナイフをどこで掴みにいくかですね。4月頃が一旦、買いを検討する時期でしょうか。


by show_isa | 2020-03-01 20:30 | market | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showisa.exblog.jp/tb/28871106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 現代中国経済入門(東京大学出版... 私の外国株投資 >>